« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月30日 (土)

だいじょうぶかバッテリー

電動フィルタホイルが手に入ったため、遠征機材組みなおし。New_system

こんな風にしてみました。ベランダGPDさんに影響を受け時間が有ったらDSI側でも撮影できるようにしました。又対象も一応覗けます。眼視でどんな風に見えるか知りたいですものね。組む時についでにDSIのCCD保護ガラスを清掃したのでDrizzle検証画像を撮って見ました。

左は通常の撮影した物をDrizzleした画像と合わせるため補間なしで(アッ、間を間違えた)2倍拡大しています。明らかに滑らかになっています。詳細になるかは疑問ですが荒れが押さえられDrizzle_testていいでしょう。ですからこの機能を積極的に使用した方がよろしいかと。コンポジット前の撮影画像をALL SAVEしておけば、この機能撮影後でもオフライン機能として使用可能です。ダークやフラットで体裁を整えた画像でもかまいません。

補足:明るく輝いているホットピクセルの像もみてください、左側は2倍拡大で4個になりましたが右側1個のままです。このことから単純な補間拡大ではないことが理解していただけると思います。低画素には有効ですね。DSIユーザの皆さんぜひ挑戦を。現在ガイドにしか使用していないのに扇動しております(笑)。まだ納得できない人がいると思うので拡大画像をどうぞ。ネット上に、この機能を使用したものが少ないのが不思議です。normal画像を補間拡大してもここまで滑らかにはなりません。多分添付ソフトではDSI3を意識して元画像1360x1024まで扱えると思います。Test

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年5月28日 (木)

反省

へびつかい座ρ(ロー)星付近の散光星雲について画像処理を繰り返してますが荒れは押さえきれません。原因としては透明度不足、L画像の枚数不足か、フラットやダークには原因が見つかりません。一番の原因は透明度だと思います。淡い対象はレベル切り詰めのため大きく影響を受けるようです。もっと早い撮影時期に狙うべきでした。低空な為、大気中の水蒸気の影響を受けるようです。 Ic4603aa

やり直したIC4603-IC4604です。荒れを誤魔化すため縮小画像です。もう来年しか狙う時は無いです。来年こそ寒さに負けず撮るぞ、、、。なんて鬼が笑いそうなことを言ってます。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年5月27日 (水)

プチ遠征(その3)

IC4603を失敗する可能性が有ったので安全牌としてM8、M20を撮ろうとしましたが結露で失敗しました。手動フィルターホイルを使用しているので冷却CCDカメラが、むき出しに近くカメラの保護ガラス前面に結露してしまいます。一枚撮影ごとに外して拭きとってもだめでした、チャージーさんに聞くと経験した事が無いそうで、やはり密閉性に問題有るようで電動化に投資することにしました。なんとか撮影できたのはL画像1枚だけという状況で残念でした。M8_m20  

赤い散光星雲でブログを飾りたかったのに。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

プチ遠征(その2)

本命の画像処理が玉砕しそうです。アンタレスの北のIC4603-4辺りの青い散光星雲です。難しい対象です。皆さんのような素晴らしい画像になりません。撮影や画像処理さらなる向上が必要なようです。帰り討ちに会った画像です。 撮影時Ic4603a もっとS/N比を高める必要がありそうです。リベンジは来年になりそうですね。取り合えず取得画像で練習を重ねます。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2009年5月26日 (火)

我慢ならずプチ遠征(その1)

行かずに後悔するより、行って後悔したほうがまし、の気持ちで晴れを信じプチ遠征しました。結果は晴れになりました。それにしても暗くなるのがずいぶん遅くなりました、中々北極星が見えず薄雲のせいで見えないのかとやきもきしました。極軸調整後まずは本命前の手慣らしでM13を撮影。その間に2名の撮影の方が来られました。偶然にも1名の方は同じ同好会の方でこの場所でサソリ辺りが撮影できると教えてくれた方です。情報交換しながらの撮影になりました。このM13は同じ75EDHF鏡筒で2008年3月にも撮影してブログにUPですがその時の画像がひど過ぎてびっくりしました。少しはスキルアップしているようです。この焦点距離では球状星団はものたらないですねそこでC14鏡筒で先日撮影したM13を左隅に入れました、分解能に圧倒的な差がありますね。M13_75ed_2

  左上にNGC6207その中間にIC4617がかすかに見えています。この後散光星雲を写したのですが上手く撮れているでしょうか。画像を開くのも怖い。その2をご期待ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月22日 (金)

天候回復待ちの1枚

おとついの夜、天候回復待ちで雲の通過でガイドエラーを何度もおこしながら流し撮りしていたM10です、透明度がひど過ぎて光害がもろに出て処理する気はなかったが、練習だと思い処理してみました。75EDHF望遠鏡+RC(fl=360mm)で迫力まったく無し。やっぱり長焦点で狙いたい対象ですね。輝星の周り薄雲のせいでにじんでます。360ミリで15分サイズの球状星団がどんな感じで写るか、参考程度にアップ。M10

目標は夏の銀河なんですが。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年5月20日 (水)

晴れは晴れでも撮影するような天気にならず

昨晩は、相変わらず透明度回復するのを期待して待ったが、薄明間際に少し回復しただけでした。残念。こんなんでは遠征の決心もできない。平地と山では違うのでしょうか。取り合えず、月はあれど透明度が少し改善したタイミングで撮影したM16のR画像です。5分露光7枚重ね。中央部トリミング。ペンタックス75EDHF鏡筒+RCレンズ。M16

75EDHFの分解能としてはこれくらいか。針で突くような星像にならないので少し星がうるさい感じですね。カラーになれば、そう気にはならないと思います、というか他の機材持ってませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月19日 (火)

Drizzleで遊びが続きます

寝るまでの間時々ベランダに出て空をチェックするのですが、まったくだめですね。おまけに異臭までします、工業地帯に隣接するので多分昼間では出せないものを工場が排出するせいでしょう。いつも夜と昼のにおいが違います。においだけで健康被害が出ないものならいいのですが。少ない画像からDrizzle比較画像を作ってみました上が通常の合成下がDrizzleのL画像使用したものです。M82test

M82(不規則銀河)ですがどうでしょうか。少し下側明るい部分シャープを掛けた方が比較しやすいかな。

私的には中間調からバックにかけてが滑らかになると思うのですが、分解能に関してはたいして変化していません(9枚画像をDrizzle)。処理していてバックの荒れが少ないのは光害地では助かります。

でも4000X4000くらいの画像になるので処理速度の速いPCが必要になります。(PEN-D:3G、MEM:1GのPCで処理)

今の画素数の多いデジカメ画像がサクサク処理できるPCなら問題ないでしょうね、私のではコーヒーを飲みながらもったりという感じです。このソフト画像の下処理として使えると思います。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年5月17日 (日)

またまた遊んでます

雨で運動不足なので大型スーパーへ買い物散歩など行きたいのですが、この時期に人ごみに出かけるのは、ちゅうちょしますね。ということでDrizzleソフトの大きい画像の扱える物をさがして使用してみました。ソフトはDeepSkyStackerというソフトです。このソフトお手軽操作で面白いです。取り合えず15分6枚画像をDrizzleしてみました。M64

M64(黒目銀河)です 。処理枚数が少ないので完成画像は通常のコンポジットと変わらないですが、もっと多枚数で比較してみたいです。このソフトデジカメ画像でも使用できるようです。こんなソフトをFreeで公開している人もいるのですね。ASCOMやPHDGAIDINGといいすごく助かります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年5月15日 (金)

撮影強行

強風が吹きひょっとしたら透明度上がるかと思い望遠鏡をセットして待ちましたがどうにもなりませんでした。取り合えずHα20分7枚を合成しましたがだめですね。月がベールを被っている状態ではどうしようもありません。機会がいつかわ訪れると信じて修練です。透明度悪いと大きく光害を受けフラットが決まりまん。M16_m17

カメラレンズ200mmでの撮影ですがもう少し広めでカラー画像を取得してみたいです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年5月11日 (月)

星空もなくネタ切れで遊びのM66処理

L画像不足の所をR、G、B画像を動員してL画像を作成して処理しました。またコンポジットにMEADのAuto Star EnvisageのDrizzle機能を使用しました。同ソフトは大きな画像を扱えないため元画像を1000X1000で切り出しDrizzleしました。Settingsは2,1,0.9で、あるていど画像処理後、ソフトビニングで画像サイズをカラー画像と合わせました。M66

できたのがこの画像です。バックの荒れは少なくなった感じです。やはり十分なL画像作成がLRGB合成の基本のようです。

LとRGB画像をデジタル現像して、それぞれトーンカーブ調整して合わせて最後にマトリックス強調を少ししています。この部分はStella Image6で処理です。

これ以上の詳細画像にはならないようです。私のシステムの限界でしょうか。遊びにつき合わせてすみません。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年5月 5日 (火)

画像処理納得できず

モニター交換後に順次最近の画像を再処理していますがM101で納得がいく画像処理ができません。3月21日撮影分のM101です。M101

なんか美しさが足らないような気がして処理を繰り返しています。自分の中に理想の姿が描けていないのでしょう。カラフルな銀河は難しいです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »