« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月22日 (火)

日中の快晴にだまされて

日曜は、体力的に連荘遠征が出来ないので、常滑の観測物置に。始めにシャボン玉星雲(バルブ星雲:NGC7635)を狙うもガイドがうまくゆかず,失敗。リアーヘビーなC14が原因なようです。鏡筒の前の方にウエイトを追加する必要が有りそうです。ガイドとピントの甘いR画像ですがこんなかんじです。Ngc7635r

取り合えず20分ガイドから10分に変えればよかった。諦めて今度はM33を狙ったのですが今度は雲攻撃に会い様子見です。蚊の攻撃も有り苛々しました。3時ごろになんとか撮れそうになりM1(NGC1952)かに星雲を撮影しました。薄雲通過のガイドアラーム音にひやひやしながらなんとか撮影できました。M1

望遠鏡C14、ジャイアントイージーガイダによるオフアキシスガイド。L画像10分X3、RGB各10分1枚。

DEC側のバランスをとるのが宿題です。後シュミカセの補正レンズの結露対策とフイルターを変えたのでフラットの造りなおしですか。いっぱい有りますね。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

リベンジのM45プレヤデス星団

平谷村続きⅢ。前回十分なL画像が撮れずにバックが荒れていたのでリベンジで撮影。

L:20分X4、RGB:各20分です。メローベの辺り、NGC1435もよく出ていると思います。ゴーストが無いのは気持ちいいですね。M45

75EDHF鏡筒にゴーストレスフィルターです。格段に画像処理がしやすい。もっと低輝度を持ち上げてもいいのですが、そうするとベールのような流れが薄くなりこの程度が良さそうです。平谷シリーズはこれが最後です。もう朝方にはオリオンが撮りごろになってきました。ゴーストレスシリーズは燃える木辺りですか。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

NGC7380&SH2-142少しマイナーな対象

平谷村での続き。少しづつ台風雲が東へ移動しすごく濃いカシオペア辺りの銀河が見えました。どれを撮ろうか迷いましたが、撮る機会の少ないであろうSH2-142(散光星雲)と重なるNGC7380にしました。Ngc7380

銀河面の中ですので星が多く星雲を引き立てるのは難しいですが。北側の発光しないガスにより背景の星が隠されるようすなど眺めていると面白いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月21日 (月)

やっと星空に巡り会えました

19日の夜、台風通過後の晴れを期待して平谷村に遠征しました。到着時にはまだ台風の端の雲が居座り中々晴れてきません、それでも西より徐々に晴れが広がり23時ごろなんとか極軸セット完了してまず晴れている西空の対象から撮影に入りました。車体を揺らすような風で非常に寒かった。まずはケフェウス座の散光星雲IC1396ですμ星(ガーネットスター)の南に広がる星雲で中央には散開星団も有り中央右からブライトトリム構造も有り、にぎやかな所です。RGB合成(各20分X2:トータル2時間)Ic1396

前回撮影が8月25日以来の撮影です。

ペンタックス75EDHF、,IDAS BGRL RS2フィルター、SEⅡ赤道儀、DSIⅡ、PHDガイド

昨日も近場で撮影していたため処理が遅れました。しかし山の上と違い暑いしカにも悩まされて差がすごい。撮影できない時が長いのでのんびり処理してみます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »