« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月29日 (日)

よからぬ考えにとりつかれ

画角が制限される悔しさからこんな事をしてみました。月が大きい間のお遊びです。Asobiアルテミスの赤いカメラ三脚ネジ等の固定手段が無いためこんな物を作成してみました。軽量なカメラレンズ用です。やぐそうに見えますが下の板は焼きが入っていて硬いです、おかげで穴を開ける時少し火傷しました。これくらいの重量ではたわまないようです。検証してたわむようなら2枚重ねにします。カメラを趣味人の軽量鏡筒バンドで固定しています。そしてカメラとレンズの接続部は素人細工のスケアリングも怪しいアダプターです。でも写真のレンズでは望遠鏡まで写ってしまいますね(作成してから気づきましたあほですね)。

連日昼は良い天気で夜になるとダメ天気でテストできませんでしたが、昨晩少しテストできました(物になれば儲け物くらいの気持ちです)。

まずは画角は200-80のズームレンズの80mmを使用して。(光害地のベランダで広い画角になるのでフラット修正はとても無理ですのでフラットは気にしないでください)。80

画角が10度X10度くらい得られています。サソリやサドル等の大きな領域も狙えそうです。次に星像は。80_2 これはF4に絞ったりL41フィルターを入れてます。バックフランジも少し足らず、スケアリングもずれていますがなんとか使用できるのではと思います。Hαで撮れば光害を軽減できるのですが青ニジミの具合を見たくてRGB合成としました。

昔カメラレンズによる撮影にトライしてた時、先輩からデジカメの領域に入らないほうがと忠告を受けた覚えがあります、しかし画角の魅力には勝てません。これで撮影すればペルセウス座の二重星団とIC1805,IC1848のトリオで撮れると夢想してます。

| | コメント (17) | トラックバック (0)

2010年8月19日 (木)

失敗

まゆ撮影後チャージーさんがM31を撮影していたのでQSIのKAF8300とアルテミスのKAI4021の比較がしたくて私もM31を撮影しようとしました。でも鏡筒がFSQと75EDHFでは光学系から比較にもなりませんが試してみたかったのです。

でもいざ撮影しようとしたらDC-ACコンバーターから電圧降下のアラーム音が、急遽もう一つのバッテリーにPCとUSBハブをつなぎ変えて撮影しましたが、その時PCを再起動した時CCDの冷却を忘れました。結局R画像はノイズが一杯の画像からの処理になってしまい残念です。取り合えず処理してみました。赤い淡い部分はノイズと一緒に消えました。M31lrgb平谷遠征後に充電したつもりなのですが。もうDC-DCコンバーターに絶対切り替えます。あの時再度R画像を撮っていればなー。

少ない機会を逃さないよう細心の注意が必要ですね。

昇圧と降圧のDC-DCコンバーターが必要ですが、おすすめをご存知な方教えてください。19V3.5Aと5V3.5Aです。5Vはここまで電流はいらないはずです、USB給電機器用の分も含んでいますので。

追記:UTOさんの指摘のように潔くモノクロにしてみました。M31lTMさんよりの情報で「デンシ電気店」でステップアップDC/DCコンバーター3.5Aと可変式DC/DCコンバーター2100mAを手にいれました。USBハブ用はコネクター部の頭が大きくUSBケーブルと干渉してしまうため少しプラ部を削りました。バッテリー液も補充してこれで準備万端です。

| | コメント (23) | トラックバック (0)

2010年8月18日 (水)

近場へ遠征しました

やはり月が太ると天候が回復のジンクス道理、今日行かなければいつ行くのという天候になりました。GPV予報をチェックしたら安定した空模様のようでした。出発は遅れたので高速で事故渋滞にあいました。私の進む先とは別の高速での事故のようですがジャンクションまで渋滞が続きました。本来なら関係の無い車線ですが渋滞から抜け出したトラックが入り込み再度強引に渋滞に割り込むためこちらの車線も渋滞してしまいました。トラックに幅寄せされたら乗用車は逃げるしか無いですからね、でも乱暴な運転です。まあ現地へは月没前に到着できたのでいいのですが。

現地、元気村に到着してみるとすでに同じ同好会のチャージーさんがセッティング中でした、私も急いで準備して撮影開始しました。対象はIC5146まゆ星雲ともコクーン星雲とも言われる白鳥座の散光星雲です。天の川の微光星の中に暗黒星雲の帯と繋がり面白い星雲です。前回カラー化できなかったのでリベンジです。Ic5146砂粒のような微光星で天の川が星の大集団と言うことがよくわかります。

昨晩は安定した天気で観望の方も沢山見えられると思ったのですが1名見えられただけでした。流れ星も多く流れましたがペルセではなさそうです。

追記;utoさんのまゆを見てもう少し茶色の暗黒星雲部を出してもいいかと思い少し修正。Ic5146_aまゆの部分は発光星雲と反射星雲からなり尻尾の暗黒星雲部はそれ自身発光はしていませんがバックの星の赤い光を透過(波長が長いため雲の中を透過しやすい)して茶色の帯になっています。完全に遮るほどの濃い部分は黒くなっています、将来この部分から星が誕生してまゆ星雲のようになるのでしょうか。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年8月 8日 (日)

昨晩の成果なし結果

昨晩はGPV気象予報で21時から24時間に1時間程のチャンスが有りそうと判断し高嶺山へ遠征しました。確かにすばらしい天の川は見ることができましたが安定して1時間撮影時間が得られませんでした。中途半端画像ですが記録としてアップします。       

その①    

Ic1283 バンビの横顔と言われる領域です。RG画像しか撮れませんので加算合成しています。私の機材では下側のバンビの首飾りがぎりぎりに入る窮屈な構図になります。さすがに低光害地です光害によるカブリやムラが有りません。

その②Ic5246rまゆ星雲のR画像です(IC5146)。両方とも作品にしたかった。

空はそんな状況で星見の人が数人いらっしゃいました。しかし困ったことにアマチュア無線をされる人が空に複数のアンテナを立て視界を遮りなおかつ発電機の騒音がひどくまいりました。アンテナは撮影対象を変更すれば逃げられますが発電機騒音は逃げようが無いです。もう少し低騒音の製品や防音対策をしてほしいものです。シーンとした中で星空を眺めたいものです。中部地方は風流を理解する人が多く星見の人たちはバッテリー運用が普通です。都会の喧騒から離れ癒しを求めて来ているのに工事現場では興ざめです。

追記:あのすばらしい透明度でいったい何等まで撮れているのか気になりバンビの首飾りあたりの一部(NGC6589)をDSSと比較してみました。Test_ngc658914等か15等あたりまで出ているのではと思います。この辺りがこの鏡筒の極限等級です。じゃーということで光害地でのC14ではどうでしょう。Test_m2716等近辺のようです。光害で1等級くらい落ちているのでしょう。 

| | コメント (24) | トラックバック (0)

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »