« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月19日 (金)

いよいよ我が同好会の写真展が近づいてきました

天体写真展「遥かなる星空3」のご案内をさせていただきます。詳しくは上のリンクをご参照ください。まだ1月25日と遠いですが準備を着々と進めております。私も数点作品を出させていただきます、初でまったく自信がございませんが他の会員の力作ぞろいですので、ぜひ皆様見に来てください。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年11月14日 (日)

NGC7331再画像処理

過去画像で7月17日と9月10日に撮影しているが、撮影条件の良かった9月10日の画像の悪さが気になり再処理してみました。まずは以前の画像。Ngc73317月17日も良さそうですがB画像撮影中に薄雲に邪魔されています。

で、再処理結果が。Ngc7331_2たいして変わって無いと言われるとギャフンですが、なにがまずかったのか考えてみました。フラットが合わないのを無理やり処理したせいだと思います。良質なフラットが一番画像処理には重要だと思います。ダークやバイアス等は軽微な影響ですがフラットは淡い部分の抽出にはかかせません。まあレベルカウントを考えれば当然ですが。口径が35センチもあると良質なフラットが難しいです。薄明では傾きや迷光が出るようですしどんどんレベルも変化して良質とは言えません、今回は薄雲状態の空でディフェーザーを入れて20分露光を繰り返してみました、時間は掛かりますが滑らかなフラットになります。当然移動するゴミなどは完全に取り除いた状態で実施の必要がありますし毎回撮影の時もゴミはご法度でカメラ位置も変更しない必要がありますがフラットの使いまわしが出来ます。

追記:7月17日のL画像も合成に加えてみました。トータル195分のL画像になります。縦位置で安定しないので北を右方向にしました。Ngc7331_v1どうも光害地では限界の淡い部分が有りいくらL画像を重ねても出てこないようです。大気中の水蒸気やほこりの影響は大きく透明度の高い夜に期待する以外無いようです。 かすかでも写っていない物を抽出するのは不可能ですから。 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年11月13日 (土)

M42辺りまだまだ画像処理を繰り返してます

薄雲の掛かったB画像の10分露光を使用すると輝星ニジミでうまく行かないので3分6分露光画像で処理しました。RGBを演算で整えてからRGB合成とデジタル現像を実施してフォトショップに持ち込みシャードー部を整え(シャドー&ハイライトのシャドー使用)もう一度SI6で色を微調整と高輝度部にシャープ処理です。燃える木辺りを持ち上げたい気もしますがM42との対比としてはこれくらいが自然ではと思います。マスクもレイヤーも多用せず(というか私が使うと不自然画像になってしまう)技術力の無い画像ですが、今回はこれで締めます。M42v_3通常ならモザイク撮影する(モノ冷却CCDでは時間が足らない)画角をカメラレンズにより広角撮影するのも面白いです。望遠鏡の拡大撮影もいいですが対象によりこんな撮影もいいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月12日 (金)

M76撮影

昨日shoさん(山陰の星空)が撮影されたM76を私も撮りたいと思っていたら早速その機会が来ました。天気予報では朝方崩れてくるものの晴れそうだ、ということで出かけました。M76を撮影する時期としては遅いということで月が在る内からR画像を撮影開始しました。一枚目を見てみると以外と大きく写ってます。今まで5分角以下の対象はあきらめていたのですが、考えを改めた方が良さそうです、ちなみに大きさは2.7X1.8分角です。G画像の途中でガイドアラームが時々鳴り出しもうちょい快晴の天気が続いてと祈りながら一応RGBの撮影を終えました、その後薄雲が出て朝まで回復しませんでした。明るい星が透けて見える薄雲なんて予期しませんでした。

ペルセウス座の惑星状星雲M76(NGC650-651) 別名:小亜鈴状星雲面白い姿をしています。RGB:20分2枚のRGB合成です。M76a

分解能が少し不足していますシーイングが少し悪かったようです。

空港からの騒音が昨晩はすごかった離発着だけなら短時間ですが長く大きな音がしてました何らかの作業をこそっと夜間にしていたのでしょう、薄雲攻撃に合っている時にしてましたのでイラつきました。自動車はどんどん静音化するのに飛行機は進歩しないですね、大気汚染は我慢してやるから消音器くらい工夫しろよと思いました。

追記:薄雲の間にひたすらスカイフラットを撮影していました。良さそうなフラットが取得できたので前回のM74を再処理してみました。M74前回より淡い部分が出た感じがします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年11月 9日 (火)

当分の間遊べそうな素材M42

完璧な素材ではありませんが平谷村で撮影したM42回りです。B画像が朝方の雲の来襲で撮りきれませんでしたし人工衛星の軌跡も多数有ります。しかし今まで画像処理の難しさにより敬遠していたM42辺りを挑戦するつもりで素材入手しました。RGB:3分4枚、RGB:6分4枚、R:10分4枚、G:10分2枚、B:10分1枚です。雲が来たのでGをそうそうに切り上げBを撮影したのですが間に合わず薄雲が掛かりました。一応多段露光しました。まずはへたな一回目の画像処理結果。M42淡い部分はでてないは、M42の中心は潰れているし難物です。皆さんの画像を拝見しても三者三様で感性の問題でしょうか。感性の無い私としては難しいです。

ちなみにM42を飛ばして淡い所を出すと。M42test全体を満足させるように256階調に押し込めるのはむづかしそうですが色まで使えば 1677万階調ですから不可能ではなさそうですね。個別で色のトーンカーブをいじりたくは無いですがその必要性がありそうです。

追記:早速バージョン2です。M42v_2 少しフラットを丁寧に処理したのとコンポジットの位置合わせしました。まだ色的にはいじっていません。RGB合成ですからほぼデジカメと同じですね(画像処理エンジンが自己流エンジンですが)。こうして見るとズームレンズも中々使えそうに思えます。Nikonn ED AF Nikkor 80-200㎜ 1:2.8 D を135㎜F4で使用(F4に絞ることによりスケアリング不良を目立たなくしています)。100㎜くらいで左側のバーナードループをもっと出しても良かった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年11月 8日 (月)

難しい対象NGC1333辺り

同じ同好会のメンバーに分子雲にはまっている人がいるので、私もどんな物か興味があり撮影してみました。とっても難しい対象で撮影も画像処理も一段高いのを感じました。Ngc1333 すごく地味ですが強調すると違和感が有りこれくらいが私には限界でした。

RG:10分3枚、B:10分2枚、L:10分3枚のLRGB合成画像です。お試し撮影なものでL輝度情報が少ないです。

天の川近くの宇宙にはあちこちに分子雲があるような感じですね、近くの星に照らされればスバルのような反射星雲になり、強く照らされなければ上の画像のように暗黒星雲のようになります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

秋の散光星雲IC1805、IC1848

過去に別々に撮影したことがある対象ですが両方同時に撮影できるカメラレンズによる撮影です。RGB:各10分4枚ずつのRGB合成です。使用しているカメラレンズですと星がボテーと肥大しますので雰囲気が違ってきます。ズームレンズを135ミリにして撮影しています。なんか中途半端な感じがしないでも無いです。80ミリくらいで周辺を出した方がいいかも。Ic1805 低光害地にもかかわらずこの画像のG画像にはバックノイズが多かったです。高い所でカスミの上に出たつもりでしたがぎりぎりだったようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

昨晩は平谷村に遠征に行きました。

香嵐渓のもみじライトアップ渋滞を想定して3時に出発して5時半到着です。薄明かりの中、山紅葉も進み綺麗そうです(もう1時間早く出ればよかった)。その後撮影、観望の方が続々到着され満車となりました。空はというと下界の光害がカスミに拡散され少し落ちますが快晴です。久しぶりに濃い天の川を堪能しました。撮像も順調かと言えば、最初のころのものは飛行機に邪魔されなんともなりません。常に複数の機影が有り往生しました。7度程の画角のためやむをえないですがわざと入って来る気がしました、実際には幹線道路を通る車のように沢山の飛行機が飛んでいたのでしょう。露光時間を短くしたりしてしのいだのですがまだ処理していませんのでどうなることやらです。オリオン辺りの人口衛星の多さも有名ですがどれくらいの影響を受けているでしょうか。ズームレンズ撮影のためフラット画像取得からですがおいおい処理します。ハートレイ彗星は撮影しませんでしたが高度が高くなってからやっと双眼鏡で確認できました。おおよその位置を知っているので見つけられるのですが、すごく淡いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 5日 (金)

M74カラー化してみました

L:10分X9枚・RGB:各15分X2枚でLRGB合成。M74 NGC628うお座の銀河です、活動的な銀河の様子は判りますが、大きく広がった淡い腕が出ません。光害地では限界でしょうか。

本日も晴れていますが透明度が悪いので撮影には行っていません。軟弱ですね。プチ遠征して低光害地に行けば撮影可能かと思いますが現在バッテリートラブルのため出かけられません。

昨日は少し嬉しいことが有りました、作品が雑誌に載っていて発売日の前日に雑誌が送られてきた事です。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

昨日は近場で撮影のM74(まだL画像のみ)

GPV天気予報の23時まで大丈夫を信じて久しぶりにC14で撮影しました。取り合えず10分9枚のL画像を処理して見ました。M74l常滑市の空ではこんなものです。後ほどカラーにしたりする予定です。到着時は煙っぽい臭いもして透明度が悪かったです、まあ住宅地の真ん中ですから生活排気が有りしょうがないと思います。その後21時ごろ少し透明度が改善しました。やっぱり予報どうり23時ごろ雲がやってきましたので撤収しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 2日 (火)

写真展用の画像準備

同好会写真展の写真を準備。私としては初の経験です。大胆にも半切や全紙にしてしまいました、拡大する程のクオリテイーがあるか疑問ですが1メートル以上離れて見る分にはいいかなと思い、おもいきって拡大しました。印刷が終了したので後は額装だけです。開催は来年ですので後日開催案内をアップします。私を除いて皆さん凄い方ばかりの写真展ですので気後れしてますが一生の思い出ということで参加することにしました。Photo 星空がなかなか見えない今日この頃ですので、毎日これを眺めながらこれでいいのか反省をしております。もっと彩度を上げた方がとかバックをもっと締めた方が等、難しいです。

秋が短期間で過ぎようとしています。撮影機会が少なく残念です。もう北西の風の強い季節になってしまいました。冬は伊吹山を越えてくる雪雲の残りで星空的な晴天率は悪くなります(気象的な晴天率は上がりますが)。少ないチャンスを逃さないようにしなければ。過ぎ行く秋を偲んで。Photo_2三重県の休耕田を利用したコスモス畑です。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »