« 画像のノイズについて? | トップページ | 夏空への備え »

2011年3月17日 (木)

いてもたってもいられない気持ち

地震の被害を見聞きするにつけもどかしくいらいらする。被災地でも無いのに買いだめに走る人(自然災害の多い日本でなぜ日ごろ準備しておかない)や、救援物資の被災地への到着遅れ、原発に対する対応遅れ等、変に思うことでいっぱいです。書かずにはいられないです。

計画停電中の事故にしても停電するしないに関わらず、信号が無ければ徐行するのが当然なのに徐行せず人身事故が起きるなんてもう常軌を逸しています。日本人の中に自分さえ良ければという気持ちの人が増えてしまったようです。

救援物資の輸送についても解せません。三陸のような元から交通不便な所ですから陸路からの輸送は難しいのは明確です。津波が収まった時点での海路からの輸送を考えなかったのでしょうか。港湾が破損しているためちゅうちょしたのでしょうが工夫でなんとかなったような気がします。物流拠点を海上に用意しても良かった。

原発は後で後で対応でマニュアル世代の脆弱さを露呈した感じです。現在一生懸命に対応している方々に頑張ってほしいです。

政府も地震被災と原発事故と両方に忙殺され非常に困難と思いますが大規模な同時災害ですのでがんばってほしいです。

想定外の出来事をみんな連発しすぎです。なんか想像力の無かった事を恥じていないのが残念な気がします。スマトラ沖地震やチェルノブイリなど起こっていますので想定外はありえません。自分達の想像力不足なだけです。

危機管理を一元化して全体の指揮を取れる集団が欲しいですね(当然マニュアル人間は外します。平時しか能力を発揮できませんから)政府から在る程度独立した組織とする必要があります。自衛隊組織、警察組織、消防組織、行政組織、医療関係、ボランティア組織、会社組織などを一元管理できる組織、人命第一で活動する組織を作れないものでしょうか。

追記:本日地震後初の食品を買いに行きましたが(被災地の映像を見ていると食欲が無く家に在るものですごしてました)。別だん買占め状態も無くGSに車も並んでおらずマスコミの話は被災地の話なのかという感じでした。被災者の方には申し訳ないですがこちらは物資不足はまったく感じられません。被災地に十分な物資が届くことを願っています。

電気も周波数違いが無いと良かったのですが。今更統一は難しいでしょうが周波数変換施設を充実させておいた方がよさそうですね。でも現代人は無駄な電気を使いすぎの気もします。

|

« 画像のノイズについて? | トップページ | 夏空への備え »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/286946/39260903

この記事へのトラックバック一覧です: いてもたってもいられない気持ち:

« 画像のノイズについて? | トップページ | 夏空への備え »