« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月31日 (火)

梅雨時はネタがなくなる

台風一過を狙い出かけてみましたが、天気はカスリ成果なし。強風(車が揺れる程の)と薄雲(すぐに移動しない)飛行機が頻繁に通過(さそりの頭付近、5分ともたない)等でまともに撮影できず。まあテスト撮影と割り切ります。懸案のスケアリング中々決まりませんでした。1段絞れば解決するくらいの物ですがモザイク撮影のためにできれば開放で撮影したいです。

アンタレス辺りを今シーズン最後と思い撮影しています。薄雲によるハローが出なかったR画像5分2枚コンポジットで下の画像です。Antaresu_r右側のフォーカスが合っていません。右を合わせると左がずれるようです。ちなみに80㎜の画角です。

薄雲がひどくなりあきらめてデネブ辺りをテスト撮影。5分R1枚画像。Ngc7000r北アメリカとペリカン星雲を含んだ周りの散光星雲を撮るための画角確認です。この辺りは撮影時期が長いのでモザイクもしやすそうです。なんて取らぬ狸の皮算用をしています。これで天の川を迎え撃つ準備が整いました。 早く梅雨が明けてほしいです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年5月15日 (日)

さっぱり撮影できません

月は太っているし黄砂は息苦しく感じるくらいにひどいため全然撮影できてません。近い景色も砂埃にかすれています。天の川を迎え撃つ準備は整っているのですが残念です。

星が見えない時のスケアリングやRGBのフォーカス位置の確認に私は最近こんな事をしています。無限遠の人口星が造れないので、遠くの街明かりを網戸越しに撮影して干渉クロスから判断します。遠征現地の暗がりでネジを緩めたりする調整はミスにつながりやすいので時間の無駄やミスを防ぐために概ね合わせておきます(現地でスペーサーリングの変更とか構成を変えるなんて危険すぎます)。現地では簡単な調整くらいに押さえるべきだと考えています。カメラレンズですから数百メートル離れた明かりなら十分実用になりますし街にはやになるくらい明かりがあふれていますから中心と四隅と十分チェックできます。現地での撮影結果と近いです。わざわざ十字線を張らなくても網戸で代用できます。干渉クロス模様の観察を念入りにすればもっと細かく追い込める気がいたします。

カメラマウントはネジ込みと違いスケアリングに弱いです、バネの強度しだいなのでしっかり前後の固定をしないと望遠レンズの重量と冷却CCDの重量に負けます。固定は必ずレンズ側と冷却カメラ側の2点でする必要があります。

話が変わりますが最近始めた事があります。なにかというと節電のため厚い脂肪を脱ぎ去るためスポーツジムに通いはじめました。今まで暑いから寒いからと怠けて脂肪を貯めてきましたがやっと節電という目標ができがんばれそうです。これからの暑い夏を楽しもうと思います。世の中ネガティブ思考の人が多すぎで又マスコミも煽りすぎですね。なんせエアコンの無い幼少期をすごしてますから、その時代くらいの電気使用量生活に戻っても別に怖くは無いです。暗いと怖いとか貧乏くさいとか危険だといいますが間違いですね。暗闇で星を撮影していて怖いとはあまり感じません(野生の動物くらい、ということは皆さん他人が信じられないから怖い)。貧乏と明るさって江戸時代じゃあるまいし、権力や力の誇示を寝てる間もしたいの。街路灯が無いと事故が起こる、起こす人が悪いのでしょう(自動車に付いてるヘッドランプで安全確認できる以上のスピードを出すからでしょう)。結局、人間教育の失敗が大元の原因ですね。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2011年5月 8日 (日)

残念な今回の新月

うまく行かないものです。今回、確認したかったのはF2.8で撮影できるかということです。モザイク撮影のため出来るだけ短時間で露光したいのです。F4に絞ればそこそこの星像にはなりますが露光時間がかかります。それで勇んで5日にテスト撮影に出かけたのですが雲で満足にテストできませんでした。感触としては200㎜はF4に絞らないと周辺星像が良くないですが135㎜以下ならF2.8でいけそうでした。モザイク撮影に使用するのは80㎜のつもりなので問題なさそうです。2面モザイクとしてトータル2時間40分を予定しています。

後、追加ギャップの0.3㎜のテストも兼ねました。結果はRGBのフォーカス位置があまりずれなくなり倍率収差も少なくなりました。M86lrgb低空がひどい状態のため、いつものM86辺りを200㎜F2.8でテスト撮影。この後天の川をテスト撮影しようとしたら雲で満足に撮らせてもらえません。天候に左右されるため完成には時間がかかりますね。いつかは完成システムにして天の川を切り取りたい。

同定が面倒ですが少し名前を入れてみました。M86F4に絞って星像を良くすれば作品にできるかもしれません。透明度が悪いせいか、もう少し暗いPGC天体が写っていません。あくまでテスト撮影です。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »