« NGC2903の画像処理1回目 | トップページ | 春をさがして。第2段。 »

2012年2月27日 (月)

初太陽撮影

今年は太陽のイベント事が5月21日(金環日食)と6月6日(金星の太陽面通過)とありますので、どちらかは晴れるのではと準備しました。太陽光は強烈で恐怖さえ感じて今まで撮影したことはありませんが今回ND(減光フイルタ)を準備しました。いきなり本番を迎えるというわけには行きませんので今朝テスト撮影をしてみました。機材は太陽は連続光でデジタル一眼で撮影しても白色でしょうからいつもの冷却CCDを非冷却で使用することにしました。

ND5+PENTAX75EDHF+H2+ART4021M

という構成です。H2フイルタはモノクロなので減光を多くするために使用しました。結果はSun_nd5_h2_100 等倍でこのサイズです。1/100秒の露光ですがもう少し短い露光で0.008秒くらいでもと思いました。この状態から欠けて行くのですから最大食分でも十分撮影露光時間をフイルタを変更せずできるのではと思います。今回NDフイルタの取り付けが仮だったので傾いていたのか明るさに傾きがありました、又今回黒点が有りましたのでピント合わせに使用できましたが本番は?赤道儀の極軸合わせは?観測場所は?色々問題山積です。

後、日食メガネも奥さん用と2個入手いたしました。

地上風景と一緒に撮れないかと思いましたが太陽と景色の明るさに差がありすぎて合成写真でしか不可能なことが判明しましたので諦めました(皆既ではできるらしいです)。

|

« NGC2903の画像処理1回目 | トップページ | 春をさがして。第2段。 »

「趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/286946/44279806

この記事へのトラックバック一覧です: 初太陽撮影:

« NGC2903の画像処理1回目 | トップページ | 春をさがして。第2段。 »