« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月31日 (金)

本日は写真展を見に

名古屋市栄のセントラルギャラリーへ星景写真展「星の風景」を見に行ってきました。私自身は星景は撮影しませんが同じ星空の写真ということで勉強になるかと思い出かけました。すばらしい作品ばかりで圧倒されました。星景は地上の風景が基本で星空はその引き立て役の気がします。たんなる引き立て役というより計算された引き立て役でした。しかしわが同好会の竹下さんの作品は一味ちがい夜の光が主題としてあり幻想的な作品にしあがってました(雰囲気は竹下さんのホームページ:天空・星景色を見ていただくと良く判ります)。

一口に星景と言っても色々な切り口があるものです。私にはそのような素質は無さそうなので手はだしませんが、星野写真や銀河写真に応用できないか考えながら見てきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月21日 (火)

IC5146まゆ星雲のカラー化

一応RGBも撮影してますのでカラー化しました。各10分2枚の予定でしたがB画像の1枚に人工衛星が写りこんでBは1枚です。SXVR-H694とIDASゴーストレスフィルターの組み合わせのRGB感度比はおおよそ1.2:1:1.7くらいでBの感度が弱かったです。Ic5146a 青のS/Nが上がらないのに使えるデータが1枚だけとは。一晩中晴れてくれれば撮り増しできたのに残念です。

追記:撮れなくて残念な画像。L画像5分1枚のみ。Photo Photo_2 ステファンの五つ子とバブル星雲です。画角はを知ることができます。5分でここまででますから快晴の夜が楽しみです。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

日曜の夜に長焦点撮影

家族サービスの旅行のため記事アップが遅れました。日曜の夜撮影した分の写り具合をチェックしてみました。GPVでは山間地は雲発生が多く遠征できそうにない状態ながらC14望遠鏡の設置してある知多半島では一晩中晴れる予報でしたので市街地での撮影となりますが出かけました。空の透明度も良く期待できそうでした。とりあえず雲は12時ごろまで上空を避けてくれて一対象撮影できました。12時過ぎた頃から上空を頻繁に雲が通過するようになり1時間程待ちましたが諦めて撤収です。雲は南から北へ流れていましたから山へ行っていたら曇られていたと思います。今回の新月が収穫ゼロで終わるかどうかはこの結果に掛かっています。取り合えず輝度画像(L画像)だけです。

IC5146白鳥座のまゆ星雲Ic5146l

SXVR-H694カメラ+C14(約2000ミリ)

5分露光画像を9枚コンポジット。なかなか感度高そうなカメラで銀河を狙うには最適ではと思います(入手した目的が淡い銀河を撮りたいからです)。

ダークやバイアス処理はしておりません、ホット&クールピクセル除去のみ。さすが素性のいい素子です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年8月 9日 (木)

テスト撮影に出かけました

いきなり新月本番は不味かろうと出かけました。お昼まで期待させる天気でしたがGPV予報も少しづつ悪い方向へ変化して通常でしたらでかけないのですが、雲間でもテストできるかと無理やりです。テストしたのはSXVR-H694カメラと105ミリマクロの組み合わせです。この組み合わせは星を撮るのは初です。それと軽量ガイドのテストでした。

まあ久しぶりですからアレー?アレー?の連続でした。撮影のブランクが長すぎて頭が働かずドタバタしました。

まずはSE2赤道儀のアライメントでつまずきました。軽量化のため眼視を省きましたので失敗でした。望遠鏡の後ろから適当に合わせればアライメント星が入るとふんだのですが以外とむずかしかったです。

対策としてアイピースをガイドカメラと差し替え運用にします(使用はセッティングの最初の一回だけですから)。

2点目はPHD GuidingのCalibrationがうまく成功しませんでした。リレーの音はカチカチしているのにRA方向が動かない感じで赤道儀が壊れたかケーブルの断線を疑いましたがさんざん悩んだすえSETUPパラメーターに原因があることが判りました。下記の箇所です。短焦点ガイド鏡に変えたためこの値が小さいとほんの僅かしか移動しないためプログラムは移動してないと判断しエラーとしたようです。数値を大きくして大きく移動するのは確認できましたので回路の故障では無いようです(雲のため最終確認できず)。Bまだまだ問題点がありました。SXVR-H694の撮像用添付ソフトが撮影毎にエラーになり確か以前回避策をしたのをすっかり忘れていました(管理者として実行で回避できる)。記憶力が落ちていますので反復が必要なのですが天候が悪すぎです。

最後にスケアリングが今一つです。L60秒画像。A_2左右で傾いているようです。ニコンマウントはたわみやすいようで強化する対策が必要です。

こんな状態ですから、ぶっつけ本番で良い夜空を逃がしていたかもしれません。テストできて良かった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »