« フォトショップのバージョンアップCS5--CS6へ | トップページ | 今年最後の新月期がやってきた »

2012年11月27日 (火)

フリンジ軽減機能を試してみました

カメラレンズと冷却CCDカメラを組み合わせて困ることはある程度色収差が残っているので輝星にフリンジが発生することです。一般写真でもするどく輝く部分の撮影や夜景の中の光源の周りに発生してしまいます。これが発生しないカメラレンズを探すのも面倒なことです。前置きはそんな所です。今回フォトショップのバージョンアップで面白い機能が追加されていましたので試してみました。以前から同様な機能は存在したのですが微調整はできませんでしたしフォトショップを駆使すれば可能なことでしたが、お手軽とはいきませんでした。しかしCamera Raw7現像の中のフリンジ軽減機能が使えそうです。

ものは試しです。Photo使用前、使用後です。星雲の青い部分を残して青いパープルフリンジを押さえていると思うのですがいかがでしょう。

いじっているのは紫の適用量と紫の色相です。元画像のフリンジが青紫ですから青側の色相にして青い星や星雲の色を失わないよう適用量を調整という感じです。

これで彩度もより上げられますし印刷した時の輝星の違和感もなくなります(以前レンズの味なんて言っておりましたがフリンジが無い方がいいです、前言撤回)。

カメラレンズによる天体写真には使える機能だと思います。又、一眼デジタルカメラでの星野写真でフリンジに悩む方はお試しください。

|

« フォトショップのバージョンアップCS5--CS6へ | トップページ | 今年最後の新月期がやってきた »

「趣味」カテゴリの記事

コメント

Camera Raw6.7でもフリンジの軽減ができますが、ここまで細かいセットはできないし、つかってみてもあまり上手く使えなかったです。
これは便利そうですね。

投稿: いーぐる | 2012年11月27日 (火) 22時52分

いーぐるさん、Camera Raw6.7では2パターンしか選択できませんからほとんど効果が感じられませんでしたが今回はターゲット色相が指定できますのでおすすめです。ついでに色相サンプリングができるといいのですが。この機能が通常のカメラで撮ってない冷却CCDでも使用可能な所がいいです。逆パターンの望遠鏡と通常カメラでの組み合わせでも使えそうですね。微妙な色収差の残る画像に対して有効だと思います。星の肥大とか解像度には貢献しませんが輝星の周りが綺麗になります。

投稿: エムティ | 2012年11月27日 (火) 23時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/286946/47995568

この記事へのトラックバック一覧です: フリンジ軽減機能を試してみました:

« フォトショップのバージョンアップCS5--CS6へ | トップページ | 今年最後の新月期がやってきた »