« 寒すぎてプチ遠征失敗 | トップページ | 調子に乗って春の系外のM95 »

2012年12月15日 (土)

12月13日リベンジ撮影

12日は満足なMaxim DLの操作練習ができませんでしたので今回はC14望遠鏡による長焦点で挑戦(本当は少し風邪をひいたようで多少頭痛がするものですから寒いのが嫌ということで知多半島方向の多少暖かい所でという目論見です。うまく行けば春の系外銀河もゲットしようと)。

なんとなくフォーカス時のサブフレームの使用方法が判ってきたようです。フォーカス時はGフイルターに変化することも判りました。それからAuto-darkに注意することも覚えました。

最初に狙ったのは天頂に近づきつつあるM1にしました。露光5分7枚のL画像です。コンポジットしてデジタル現像を掛けてます。少しトリミングと2X2ソフトビニングもしています。

M1dlこのソフト露光の適正時間を見つけやすいと思いました。上の画像も少し露光しすぎです、明るい星が飽和しています(しかしSXVR-H694では素子の電子捕獲バケツが小さいためやむをえない)。この感じが理解しやすいです。飽和を嫌うなら沢山の画像を重ねるとか工夫が必要ですね。以前のART4021カメラと比較して高感度になりましたが飽和しやすくなりました。

まだ画像処理はSI6で実行しています。

M1lrgbシーイングがあまりよくないですね、ただでさえシュミカセで肥大する星がよけいボテッとしています。でも飽和するはずの星が広がって救われています。

R:5分5枚 G:5分4枚 B:5分2枚 L:5分7枚(RGBは2X2ビニング)

少しづつMaxim DLの撮像になれてきて当夜も時々仮眠しながら撮影できました、おかげで風邪ぎみなのも少しは改善しました。

|

« 寒すぎてプチ遠征失敗 | トップページ | 調子に乗って春の系外のM95 »

「趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/286946/48337271

この記事へのトラックバック一覧です: 12月13日リベンジ撮影:

« 寒すぎてプチ遠征失敗 | トップページ | 調子に乗って春の系外のM95 »