« 12月13日リベンジ撮影 | トップページ | 忘年会に参加してきました »

2012年12月16日 (日)

調子に乗って春の系外のM95

SXVR-H694冷却CCDの能力もようやく判ってきた気がします。超長焦点での系外狙いには適しています。そこで次の目標をしし座のM95(NGC3351)にしました。M95lrgbL:5分X15枚 R:G:5分X6枚 B:5分5枚(RGB2X2)

Maxim DLで自動撮影すると随分楽になりました。このいきおいで彗星もと思ったのですが現在位置を調べてこなかったので導入できませんでした。こういうときスマホでネットが見えるといいですね。

朝の撤収時に明るい流れ星が流れちょっとふたご群を無視したのを後悔しました。2頭追えませんのでしょうがないです。

処理しなおしました。M95a 周りを持ち上げすぎて肌荒れがひどかったので丁寧に処理しなおしました。

昔の画像を掘り出して来ると隔世の感があります。今の画像内に超新星2012awがまだ見えています。Photo_2 左の画像はART4021カメラのもの/右はSXVR-H694カメラです。

ほぼ同一サイズにするため右側は50パーセント縮小です。素子サイズ的にはそこまで差はないので過去の画像は粗隠しに縮小してるかも。

追記:この画像処理には実際の星空から作成したフラットを使用しています。なぜかと言うと薄明中の短時間露光から作成するフラットとかけ離れるためです。どんな物か見てください。Photo

中心を外しているのはまあごかんべんを、合せてもいいのですが小さい素子ですので適当でも良いかと修正してません。

非光害地ならほぼSI6の周辺減光補正のカーブとなりますが光外地では光学系だけを考慮するのでなく環境光まで考慮しないと合いません。今までの短い経験でそう感じます。

じゃー実際にどうするかというと星の少ない領域を同一時間で撮影してその画像から星を消す作業をします(消し方は色々あります)。その画像にぼかしを掛けて滑らかにした画像を使用します。この方法で作成したフラットでははCCDやフイルターに付いたゴミは消せませんから普段からゴミを付着させないよう気を付けます。

この方法で作成したフラットが光害地では一番ぴったりします。

論理的には不明ですが迷光成分の悪さだと思います。光害地でEL板等で作成したフラットが合わない方はお試しください。私も遠征での撮影ではまったく関係なく短時間で撮影したフラットでも合いますから強光害地限定です(そんな所で撮影しようとする人も少ないでしょうが参考まで)。

|

« 12月13日リベンジ撮影 | トップページ | 忘年会に参加してきました »

「趣味」カテゴリの記事

コメント

おおもう春の系外ですか!!!
凄く楽しそうに処理されている感じがする画像です。
SXVR-H694感度がいいし、長焦点との相性はすごく良さそうですが、CCDが細密すぎることはありませんか?
系外には、ビンニングしたほうが長焦点との相性が良いのではないかと思っていたのです。実は系外用にATIK460を持っているのですが、まだ実稼動できていません。今度の春の系外では活躍してもらおうといろいろ作戦を練ってます。

投稿: いーぐる | 2012年12月17日 (月) 23時43分

腕の部分の豊かな量感、さすがです。「持ち上げ」バージョンも迫力がありますね、でもこの外周部を出すには、暗い空と長時間露光が必要でしょうか?
新旧画像で随分印象が違うのですね。もちろん新画像が数段いいです!

投稿: k | 2012年12月18日 (火) 07時07分

いーぐるさん、もう春の系外シーズンですよ。同じ素子を使用したAtik 460をお持ちなのですね。この素子すごく感度が高くてノイズが少なくていいです。実はまたフイルターの曇りが怖く0度設定で撮影しています、それでもノイズは少ないので十分実用になります。細密すぎることはありませんよ、まあバケツの容量が小さいので露光時間は対象により気をつけないといけません。ビニングしてせっかくの高精細の特徴を殺すこともしたくありませんし新星探査観測もしていませんのでカラー情報以外はビニングしません、目標はA4サイズ以上の写真ですから。感度は十分ありますよ。(新旧画像を見ていただくと素子サイズの違いが判ると思います、旧/新  7.4μm/4.54μm です。高精細の違いは出てると思います。)
早く観測所が完成するといいですね長焦点とAtik 460が大活躍できますよ、楽しみですね。

投稿: エムティ | 2012年12月18日 (火) 08時22分

kさん、おひさしぶりです。kさんのブログの話題が高度すぎてついて行くことができずコメントできません。まだまだ拙い画像ですがおほめいただきありがとうございます。光害地でも透明度さえ良ければ外周部は抽出できますね、ただバックノイズが多いので滑らかには撮れないです、ここは多枚数重ねしかないと思います。
新旧画像は自分の技術の進歩かカメラの進歩か判らない所があります。自分の技術の進歩と思いたいです。もう少しシーイングが良ければもう少し良い画像が撮れるのではと毎回狙うのでしょうね、それで少しづつ良くなって行ければいいです。

投稿: エムティ | 2012年12月18日 (火) 08時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/286946/48345929

この記事へのトラックバック一覧です: 調子に乗って春の系外のM95:

« 12月13日リベンジ撮影 | トップページ | 忘年会に参加してきました »