« 画像処理練習(過去画像のNGC2903) | トップページ | 画像処理練習NGC925 »

2013年1月30日 (水)

ちょっとお遊びのM101輝度画像

CCDStackで回転を含む位置ズレ画像が自動コンポジットできるか試してみました。結果としては出来ませんでした。(X:Y:回転角=52.5:47:1.7度)ズレが大きいと無理なのか。FFTとかパラメーターを変える必要があるのかな。

結論としてはカメラの位置を毎回近い位置にセットしないと複数晩分のコンポジットは難しいようです。「kさん凄いと思いました」。

データは2011/3/27撮影のM101L画像10分X21枚と2012/2/18撮影の15分X10枚です。合計6時間分。個別の処理後2晩分をコンポジットした等倍の中心画像です。試しに画像復元などしてみました。M101ll過去画像をいじっているだけなのでカラー化はしません。

追記:過去画像2011・12・30のM81銀河のL画像。

M81l 追記の追記:M51のL画像を過去画像から18枚集めて画像復元と合わせてスタックしてみました。2011/12/31*2011/03/06*2010/02/21撮影分。M51l回転画像も大きくずれていてもスタックできました。

銀河M101やM51もそうですが超新星以外は宇宙スケールサイズなので数年で変化はありません。宇宙スケールで言えば数年なんてほんの瞬間ですね。写真は瞬間を捕らえることですが宇宙的には数年、数十年、数百年でも瞬間ですからこれも写真と言えますね。

|

« 画像処理練習(過去画像のNGC2903) | トップページ | 画像処理練習NGC925 »

「趣味」カテゴリの記事

コメント

えっ!回転方向に大きくずれるとあわせてくれないでんすか!!!
MaxImDLはかなりずれてもなんとか合わせてくれますよね。

カメラと鏡筒の回転方向のずれは、両方に百均で買ってきた水準器を貼り付けて、相対位置がいつも同じようにしてます。それでも違う日に撮影した画像は結構ずれていているので、それをあわせてくれないと辛いです、、、

投稿: いーぐる | 2013年1月30日 (水) 20時55分

いーぐるさん、多分使用方法に問題があるのではと思います。今回合わせると想定して無い画像を無理やりですので自動では行かなかったのでしょう。おまけに10分露光と15分露光のデータですから。
そういえばデジタル現像したL画像と未デジタル現像のRGB単独画像のアライメントもうまくいきませんでした。まだ使用方法のチェック中です。水準器はいいアイデアですね画像の無駄を少しでも減らすことができますね。
基本は一晩で撮り切ることを目標にしてます。2晩続けて快晴になることはめったに有りませんからね。

投稿: エムティ | 2013年1月30日 (水) 22時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/286946/49056963

この記事へのトラックバック一覧です: ちょっとお遊びのM101輝度画像:

« 画像処理練習(過去画像のNGC2903) | トップページ | 画像処理練習NGC925 »