« M64を再度処理 | トップページ | ちょっとお遊びのM101輝度画像 »

2013年1月29日 (火)

画像処理練習(過去画像のNGC2903)

月が大きいですからやることは画像処理練習しかありません。年末にutoさんから教えていただいたCCDStackを使って過去画像(去年2月撮影分)のNGC2903データを使用しました。前は2枚のL画像に人工衛星が写り込みが有りコンポジットから除外していたのですが今回は含めて処理できました。しかしLのフラットしか当時の物が見つから無いのでカラーのフラットはLの物を流用しました。L画像は当時より随分改善できました。カラー画像も精度良く合成できます。まだまだ使いこなすまでいたりませんが、こんな感じです。Ngc2903lrgb RGB合成は使いこなせず、アライメントして位地やサイズを合わせた画像をステライメージで合成しました。この部分は光害の影響が大きいG画像により難しくなってしまったようです。

メリットが有りそうと判断してCCDStackを導入しました。導入した以上使いたおせるようにしたいと思います。英語苦手なんだけど拾い読みでなんとかなるでしょう。

|

« M64を再度処理 | トップページ | ちょっとお遊びのM101輝度画像 »

「趣味」カテゴリの記事

コメント

エムティさんこんばんは。
NGC2903は私も今月撮りました。先日ブログにアップしましたが断然エムティさんに脱帽です。私の方はもっとていねいに処理しなければいけませんね。
ところでCCDStackは今現在バージョンはいくつでしょうか?

投稿: naoki | 2013年1月30日 (水) 00時06分

naokiさんこんばんは。
ぜんぜん丁寧な処理でないので恥ずかしいです。カラーのフラットが周辺で合いませんのでトリミングして周辺を捨ててます。
忘年会時に教えていただいた成果を出そうと四苦八苦してます。
現在のバージョンは2.66でした。
まだutoさんに教えてもらった事をなぞっているだけですよ。判らない事ばかりですがギブアップしたら教えてください、お願いいたします。

投稿: エムティ | 2013年1月30日 (水) 00時33分

CCDStackはコンポジットする機能はやっぱり良さそうですね。
お試しバージョンで使ってみたんですけど、いいですね。
でも、まだ最後のポチをちょっとためらってます。

投稿: いーぐる | 2013年1月30日 (水) 20時51分

いーぐるさんこんばんは。
コンポジットだけに200ドルと考えるとちょっとちゅうちょしますよね。少しでも画像がよくなるなら投資に見合うかなと購入してみました。
慣れてくると使いやすそうです。RGB画像の色収差のサイズ合わせとアライメントには苦労してたのが一発で決まり快適です。多枚数のコンポジットも早いです。

投稿: エムティ | 2013年1月30日 (水) 21時59分

NGC2903中心から周辺まで構造が良くわかって面白いですね。
自分のと比較させていただいて、とても勉強になります。
自分のは中心が飽和してますし、色も赤によってます。DDPは使ったのですが、暗いのをごまかすためにトーンカーブで持ち上げすぎです。

投稿: k51 | 2013年2月 1日 (金) 08時10分

k51さん、おはようございます。
新しいソフトの使用練習で過去画像をいじってます。迫力を出そうとすると中心部を飽和ぎりぎりまでしたくなりますよね。
私はトーンカーブは最後の味付け程度で使用しメインはデジタル現像の匙加減で決めます。まあどちらもトーンカーブをいじる事には違いがありませんが。
色は難しいです、皆さんの作品を見ると周辺部が青に寄っているのが多くどうしようか悩みます。RGB単色でトーンカーブをいじらないと私には周辺部の青が出せません。銀河周辺て高温星の多い青なのか或いは主系列星が多いと考え無色白色なのか、それともイメージ色としての青なのか、難しいです。
このようなカラフルな銀河は色分解能を増すためにビニング無しの撮影もお勧めです(M51.M101.M33.M81.M82等の近距離大型で明るい銀河)。
あっ、白色光が大気を抜ける時たしかに散乱で青空になると考えバックグラウンドも併せて青に振っているのかもしれませんね。夜空は青ですものね、青色フイルターをかけるのが正解かな。

投稿: エムティ | 2013年2月 1日 (金) 09時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/286946/49038694

この記事へのトラックバック一覧です: 画像処理練習(過去画像のNGC2903):

« M64を再度処理 | トップページ | ちょっとお遊びのM101輝度画像 »