« こんなアイテムを手にいれました | トップページ | あと10日あまりです準備はできてますか »

2013年2月26日 (火)

彗星のための調査

先日入手したポーラメーターのテストをベランダでしてみました。ポーラメーターだけで極軸を出してテスト撮影。強光害地ですのでF値を大きくしてテストしています。パンスターズ彗星は薄明の低空ですから条件は近いかも。

まずは24ミリ、50ミリ、85ミリのポーラメーターだけでセットしたSE2赤道儀をオートガイドしない状態でどこまで点に写るか。E 強光害ですのでF20とかF29とかで撮影しています。24ミリはもっと露光が延ばせそうですが3分以上は露出オーバーでテストできません。一応想定感度のISO3200でテストしています。なかなかポーラメーターは優秀ですね。85ミリ1分画像は怪しいですが短焦点1分は軽くクリアーできそうです。このキットレンズ以外も試したのですが他はレンズが重いのも有り自由雲台をきつく締めないとたわみます。

もう一つ試したことが地上の景色と同時撮りした時違和感の少ない(地上の景色はずれる事になるため)露光じかんはということで。A中央の星はシリウスです。 30秒を目安にするといいようでした。

残念ながらカノープスは下のもやの中で見えませんね。

G Fこんな感じです。バランス的には錘側が重すぎです。遠征用のオートガイドセットにもアクセサリーシューを取り付けました。

ポータブル赤道儀にも興味がわきましたが、結局、成功確立を上げるには重量の有る三脚や微調できる取り付けマウントを用意しなければなりませんので多少重いですがSE2赤道儀でいくことにしました。27日に大型雲台に変更しました、この方が安心ですし錘のバーも伸ばせます。

|

« こんなアイテムを手にいれました | トップページ | あと10日あまりです準備はできてますか »

「趣味」カテゴリの記事

コメント

やっぱり広角ならこのメータだけでなんとか行けそうですね。
私もポラリエで広角35mmまで撮影の時はこれで合わせて終わりなんていう使い方もしてます。それでも流れはあまり気になりません。
85mmはやっぱりダメというのも同じ結果でした。
それにしても錘が本当にしんどい取り付けになってますね(笑)

投稿: いーぐる | 2013年2月26日 (火) 23時15分

いーぐるさん今晩は。
できるだけ大きく育って短いので狙えるといいですね。光害がひどくて絞りをF20以上にしなければ撮れない空も悲しいものがあります。絞り開放で撮影できる所に遠征したいです。彗星の撮影は薄明中ですから絞りやISOをどうしましょう。
錘の取り付け棒の重さも減らしたかったものですから窮屈に取り付けました。
彗星サイズによってはもう少し長い重いレンズをもっと短時間露光で使用するかもしれないですね。その時は雲台じたいを大型にしないとだめでしょうね。
ポーラメーターがあればたとえ北側の雲がどかなくても短いレンズで遊べそうですね。なかなかの便利グッズだと思います。

投稿: エムティ | 2013年2月27日 (水) 00時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/286946/49659121

この記事へのトラックバック一覧です: 彗星のための調査:

« こんなアイテムを手にいれました | トップページ | あと10日あまりです準備はできてますか »