« 昨日は小惑星2012DA14を撮影してみました | トップページ | 彗星のための調査 »

2013年2月22日 (金)

こんなアイテムを手にいれました

期待はずれになるかもしれないパンスターズ彗星のためポーラメーターを手にいれました。日没直後ですから極軸を合わせているひまもないし、普段使用する撮影地は使用できない、そのため北が判らない可能性大ですので短焦点ならおおよそのセッティングでいけるのではと考え購入してみました。又、普段の遠征時の薄明中のラフ設置(極望を覗けば北極星が入っている状態)に使用できれば時間短縮に使用できると期待しています。まだアクセサリーシューを入手しわすれたので取り付けできません。後はどこで撮影するか悩んでます。近場で西側が低空まで開けている所が無いんです。Dscn0001

カメラのホットシューを使用予定でしたが自由雲台にカメラを乗っけると原点が無いので無理ですね。アリガタにアクセサリーシューを直付けしたいと思います。 期待薄かもしれませんがわくわくしています。

|

« 昨日は小惑星2012DA14を撮影してみました | トップページ | 彗星のための調査 »

「趣味」カテゴリの記事

コメント

私もポラリエにこれをつけて使ってます。短焦点ならこれで十分と思ってます。
パンスターズ彗星は育って欲しいですね。

投稿: いーぐる | 2013年2月22日 (金) 23時36分

イーグルさんもお使いですか。私もポータブル赤道儀もついでにと考えたのですが、車での遠征しかしませんのであきらめました。短焦点でまにあう程の大きさになってほしいですね。長いのが必要になったらどうしようかも想定しなければです。
短焦点(50ミリまで想定)の短時間露光(1分くらいを想定)なら周辺が回転することは無いと考えてます。一度北極星の見えないベランダで限界運用テストするつもりです。

投稿: エムティ | 2013年2月23日 (土) 09時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/286946/49577757

この記事へのトラックバック一覧です: こんなアイテムを手にいれました:

« 昨日は小惑星2012DA14を撮影してみました | トップページ | 彗星のための調査 »