« NGC5248を少し撮影 | トップページ | 近場に遠征 »

2013年4月17日 (水)

NGC4449を再処理

何回も試行錯誤していると不満が出てきて処理を繰り返すのですが。これで当分の間最終といたします。Ngc4449a 本人は以前とは大きく変化したつもりですが、あんまり変わらないかな。高輝度部を精細にするのともう少し淡い部分を残してみようとしてみました。

今年の系外シーズン終了を予感させる天気が続いてますね。撮影できないストレスを小さな物欲で抑えてます。Tool冬は一々パソコンのために手袋を外すのは手が凍えますので指先の出る手袋です。これとインナー手袋を重ねて使用します(釣のジャンルのコーナーに有りました)。

ドリンクウオーマーは寒い時の結露防止用です。今シーズン遠征中にフイルター部に結露して往生しました。通常白金カイロで済ましているのですが燃料の気化温度より温度が下がると使用できません。で、僅かな熱が有れば解決しますのでUSB給電の巻きつけ型ドリンクウオーマーです。ガイド用はファインダ改造のレンズですからメガネのくもり止めで済ませてます。

ヘッドランプは以前の物が湿気の進入で破損したため今回は強力防水品にしました。このヘッドランプは赤色灯のナイトビジョンモードが有りきにいってます。じつはこれを購入前に別のヘッドランプを手にいれたのですが3月12日の遠征の時に落として紛失してしまいました。一回使用しただけで紛失とは悔しかったので、それ以上の性能の物とブラックダイヤモンドのストームウルトラにしたのです。登山するわけではないのでオーバースペックですが勢いです。

|

« NGC5248を少し撮影 | トップページ | 近場に遠征 »

「趣味」カテゴリの記事

コメント

こちらの方がいいですね!前回少し気になった星像も、こちらの方が柔らかく見えるのですが、気のせいでしょうか?

指先の出る手袋は釣り用なのですか。頭を被せてミトンにもできるタイプは良く見かけますよね。女の子用だけかもですが(笑)

投稿: k | 2013年4月17日 (水) 23時43分

Kさん、ご指摘の通り前回作為的に星だけいじってます。今回はデコ画像から劣化させる方向で処理してみました。前は普通のLとデコの高輝度部のブレンド合成でした。ですから高輝度が突出する感じになったと思います。
釣りでは、指先が出てないと釣り針とテグスが結べませんからね。皆さんパッド端末を使用するようになりましたから必需品かも。ちょっと赤道儀組み立てにミトンはつらいですよ。

投稿: エムティ | 2013年4月18日 (木) 00時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/286946/51271575

この記事へのトラックバック一覧です: NGC4449を再処理:

« NGC5248を少し撮影 | トップページ | 近場に遠征 »