« 色調の変化する件勘違いしてました | トップページ | 本日は遠天さんの写真展におじゃましました »

2013年5月28日 (火)

天の川撮影の反省

しばらく放置していた天の川ハイライト部のモザイク合成画像を再処理しました。画像の右上→左上→中央右→。。といった感じで撮影したのですが、どうも最初の2枚のフォーカスがずれていたようで輝星に赤色のハローが顕著でした。幸い温度変化によりそれ以降の画像ではうまくいき青ハローぎみになってました。反省としてはもっと注意ぶかくフォーカスを合わせるのと数時間掛けていますので途中でのフォーカスチェックが必要かと思います。PhotoこのサイズですとA4に印刷しても気にならないでしょうがA3だと気になりそうですCS6のハロー低減で誤魔化せますが星雲内の輝星に黒縁が目立ちます。特にM16内の散開星団の星にでます。一応上記画像はその妥協点の画像です。

一連の処理を簡単に書くと

エリア別L画像のコンポジットして各エリア画像のレベルを合わせます。(最低照度部をカットせず飽和も最小になる値に統一::この画像の場合3000-52735にしました)

次にccdstackでRGB位置合わせ後RGB合成で各エリアのRGB画像作成

そのRGB画像とL画像で各エリアのLRGB画像作成(この間色調整やトーンカーブをいっさいしない::画像を見ても星しか見えません不安ならレベル調整などしてカブリ等を確認)画像の端を20ピクセルくらい切り落とし。

全エリア画像をTIFF(16)に変換してCS6に渡しフォトマージ

空白部分等をトリミングしてSI7に渡してFITS画像にしてレベル調整、色調調整、デジタル現像。

再度TIFF(16)にしてRAW画像で開きフリンジの低減処理(この時困ったのが画像の上と下でフリンジの色が変化している事です。上は赤いフリンジ、下は青いフリンジとなってました)。

MAXIMを撮像ソフトとして使用していますがフォーカスを指定するとGフイルターが選ばれますがカメラレンズの短焦点ではアンダーサンプリングとなりフォーカスが判りずらいです。フォーカス機構を考えないと腕がぷるぷるするし途中で合せ直すのが億劫です。

|

« 色調の変化する件勘違いしてました | トップページ | 本日は遠天さんの写真展におじゃましました »

「趣味」カテゴリの記事

コメント

この領域をモザイクでつくるのはかなり難しそうですね。わずかピントズレやカブリを上手く合わせるのが如何にも難しそうです。
あれ?MaxImってフォーカスでもフィルター選択できるのではないですか?
記憶違いですかなぁ。。。。

投稿: いーぐる | 2013年5月28日 (火) 23時26分

いーぐるさん、こんばんは。
もう梅雨が始まっちゃいましたね。皆さんの画像を見まくりです。色調がこれで良いのか自信なしですよ。
使い方が違うのかなフォーカスモードにするとGフイルターが自動で選択されるのですが。光学系の設計でGを基準にするような事をどこかで聞いたような気がするのでGでのフォーカス合わせが良いのかと疑問にせずそのままにしました。撮影モードだとサブフレーム読み出しが使えないみたいですね。まだ機能の半分も使用してない気もします。

投稿: エムティ | 2013年5月28日 (火) 23時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/286946/51811959

この記事へのトラックバック一覧です: 天の川撮影の反省:

« 色調の変化する件勘違いしてました | トップページ | 本日は遠天さんの写真展におじゃましました »