« 連夜のレンズテスト | トップページ | 昨晩のメインをさくっと処理してみましたNGC7479 »

2013年8月 4日 (日)

長焦点によるM27(NGC6853)

昨晩は快晴で透明度がよく風も弱まった、ということでセレストロンC14シュミットカセグレンで撮影しました。久ぶりなため手慣らしとしてメジャーな対象の亜鈴星雲にしました。M27暑くてSXVR-H694冷却CCDが冷えてくれませんが元が低ノイズですから0度でもなんとかなりました。

R、G、B各5分2枚   L10分12枚  トータル2時間30分 

この対象はすごくカラフルで面白いです。次の対象はもう少し難物を狙いました。

追記:過去画像と比較してみました。M27_2左が前のカメラです大きさが合わないため新カメラの方は縮小しています。古い方はRGB合成(各20分2枚から)で多少シャープ処理しています。右はシャープ系処理はしていませんが二重星らしき部分の分離は勝っているようです、又微光星の写りもいいような。この微妙さが系外銀河には効いて来る気がします(そうであってほしいという願望も入ってます)。

デコで微光星を強調。M27_deconvolvedこの画像と以前の物との比較の方が判りやすかったか。



|

« 連夜のレンズテスト | トップページ | 昨晩のメインをさくっと処理してみましたNGC7479 »

「趣味」カテゴリの記事

コメント

おっしゃるようにSXVR-H694の画像は微光星もきれいに写ってますね。長焦点撮影には向いているカメラといってもいいのではないでしょうか。
0℃でもノイズが低くていいですね。真夏はなかなか冷やすのが難しいですから、ノイズが低いのが本当にありがたいですね。
広角の良いレンズで天の川、低ノイズで写りがよりCCDと、天気がよくて夏の遠征がもっとできるといいのにと、悔しい気分になってしまいます。

投稿: k51 | 2013年8月 4日 (日) 15時33分

k51さん、このカメラは私向きなんですよ、中心しか使えない光学系しか持っていませんしノイズが少なかったりブルーミングは出ませんからね。画像処理もお手軽処理ですみますし。
涼しい高原へ遠征、行きたいですね、最近GPVを見ても山の方は晴れないようですね、でもいざと言う時に慌てないように準備だけはしています。
来週は晴れたらどこも混むでしょうね。ペルセ群もあるし、夕涼み観望派が多そう。

投稿: エムティ | 2013年8月 4日 (日) 17時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/286946/52736384

この記事へのトラックバック一覧です: 長焦点によるM27(NGC6853):

« 連夜のレンズテスト | トップページ | 昨晩のメインをさくっと処理してみましたNGC7479 »