« ペルセ流星群の12日分を少し修正 | トップページ | ストレージを増強 »

2013年8月22日 (木)

もったいない(10日のデーターサルベージ)

流星ねらいで30秒露光(ISO1600F2.8)で連続撮影していたデーターを使用して作品にしてみました。絞っていないため星像が青ハローがでてますが80枚重ねてみました。トータル40分の加算平均です。Photo ケフェウスからペルセウスの2重星団、M31と一杯写ってます。こうやって全体を見ると銀河中央を境として左右でようすが違うのが判ります。左側はベールが掛かっているような感じで星が少ないです逆に右は若い星が多いのか青いです(左側には見えない星間物質で覆われているのかもしれません)。想像をかきたてる写真です。

平谷村の素晴らしい星空でしたので流星が写って無いからと言って処理せずにおくのももったいないと思い処理してみました。前回の白鳥座の辺りの写真でケフェウス方向がかぶったように見えたのは高層雲の薄雲のせいでした。低光害地では地上の光で照らされないため全然気づきません。それ以降の広角映像の変化を見ると判りました。

同じように流星の写った前後の25枚を使い画像を良くしてから流星の写っている画像を比較明してみました。流星周りをトリミング。Cこの方がバックの荒れが抑えられ画像データーの無駄がなくなります。流星撮影で何百枚と撮影された方は流星が無い画像を無駄にすることなくご活用ください。

左上のカシオペアの辺りの色収差が目立ちますF2.8開放では14mm広角ですと多少目立ちますのでカットした方がよさそう。

|

« ペルセ流星群の12日分を少し修正 | トップページ | ストレージを増強 »

「趣味」カテゴリの記事

コメント

撮影したデータを極力生かすとい作業は大変ですけど、できた作品はいずれも楽しいですよ。最後の流星トリミングなんて迫力満点のうえに背景が美しいです。
私も、今度の休みにサルベージしてみようかなぁ。
固定撮影だからコンポジットは無理か!残念です。

投稿: いーぐる | 2013年8月23日 (金) 00時05分

いーぐるさん今晩は。
枚数が多いのでめんどうですが滑らかな化粧のためです。沢山コンポジットしているので画像処理耐性は高い画像が出来上がります。
折角低光害地へ遠征したのに、流星が写ってないからと捨てるのはもったいないです。
固定撮影分でもフォトマージでコンポジットして日週運動でずれた端を少しカットすればいけると思うのですが。10分くらいならカット量少なく重ねられそうです。

投稿: エムティ | 2013年8月23日 (金) 00時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/286946/52975092

この記事へのトラックバック一覧です: もったいない(10日のデーターサルベージ):

« ペルセ流星群の12日分を少し修正 | トップページ | ストレージを増強 »