« ペルセウス座流星群極大の夜 | トップページ | ペルセ流星群の12日分を少し修正 »

2013年8月14日 (水)

8月10日の平谷村での天の川

流星で話が前後してしまいましたが、10日の遠征の目的が天の川リベンジでしたのでその画像をアップいたします。A 当日のもやの影響はたて座辺りまでありました。中央の輝星はわし座のアルタイルです。無数の星で銀河円盤を感じます。C 夏の大三角の辺りです。撮影時は気づきませんでしたがケフェウス座の右側にカブリがあるようです。飯田の町明かりの光害でしょうか。でもわし座から白鳥座にかけて光害を感じない天の川です。暗黒帯が複雑に入り乱れ見飽きません。B まだ低空のスバルです。左の赤い星雲がカリフォルニア星雲ですね、赤い散光星雲の写りにくいノーマルD600ですがこれくらいは撮影できます。アンドロメダ銀河や2重星団と散見できます。D薄明中の木星と冬の代表のオリオンです。 ペテルギュース、リゲル、アルデバラン、スバルと星の色も出て一眼デジカメでの広角撮影が楽しいです。非改造カメラでも十分たのしめます。

撮影データ

わし座方向  24mmF5 ISO1600 120秒 9枚コンポジット   2013/08/10 21:18:02

はくちょう座方向  24mmF5 ISO1600 120秒 8枚コンポジット  2013/08/10 21:42:56

カシオペア座方向  24mmF5 ISO1600 90秒 8枚コンポジット  2013/08/11 01:53:22

薄明オリオン  24mmF5 ISO1600 30秒 4枚コンポジット  2013/08/11 03:15:28

追記:これって横道光?木星の方向からヒアデスの上すばる方向に伸びる淡い光。冬の銀河と交わっています。淡いスジがなんなのか原因を考えていましたが横道光なら納得です。Photo正解かご存知でしたら教えてください。

|

« ペルセウス座流星群極大の夜 | トップページ | ペルセ流星群の12日分を少し修正 »

「趣味」カテゴリの記事

コメント

これはものすごい迫力の銀河中心付近ですね。こんな天の川撮影できたら本当に楽しいだろうなとうっとりしてしまいました。
フルサイズのデジタル一眼と広角レンズの組み合わせでこんなすごい天の川や星雲が一網打尽にできるなんて、フルサイズカメラがとっても欲しくなってしまいました。
(遠征には滅多に行かないので、とても投資回収できないでしょうし、財務大臣の認可もおりませんが(汗))
でも平谷村でもこれだけカブリがでるのですね...。
日本には真っ暗な空はもう無いんでしょうか。学生のときに中央アルプスの高い山から見た星空も、名古屋の街灯りで南低空がカブっていたことを思い出しました。

投稿: k51 | 2013年8月14日 (水) 22時24分

k51さん、こんばんは。
キットレンズ固定撮影でそこそこ迫力ある天の川が撮れたので、もうこれはレンズを良いのに変え露光時間を多少延ばせば凄い天の川が撮れるのではと思い立ち実行してみました。フルサイズでなくとも最近の高感度でノイズが少ないカメラなら可能だと思います。
ほんとうに日本には光害の無い所はなさそうですね。もやというか湿度の高い大気が厚く漂っていましたから余計ひどいですね。
天の川は凄い被写体で撮影しないのは勿体ないですよ。軽量お手軽遠征で撮影可能ですからぜひ撮影してみてください。

投稿: エムティ | 2013年8月14日 (水) 22時54分

これ固定撮影ですか!!
120秒露光しているのに星像が綺麗!!
それに非改造なのに赤い星雲がしっかり写っているし、非改造がゆえに全体の色合いも凄く自然です。
これは楽しいですね。

投稿: いーぐる | 2013年8月15日 (木) 01時46分

いーぐるさん、こんにちは。
これは固定撮影ではありません。固定撮影でも案外写ることが判り多少ポータブル赤道儀(CD-1M)でバージョンアップを計りました。ちょっと明るい星の強調のためわざとレベルを切り詰めています、実際の星像はもっと細かいです。雲と見まがう星々と星と認識できる地球から近い星のバランスが難しい所です。
そうなんですよ非改造機でも案外写るので驚いています。自然な感じになり好みです。
系外のエッジオン銀河を真近で見る感じでしょうか。

投稿: エムティ | 2013年8月15日 (木) 09時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/286946/52882731

この記事へのトラックバック一覧です: 8月10日の平谷村での天の川:

« ペルセウス座流星群極大の夜 | トップページ | ペルセ流星群の12日分を少し修正 »