« 忘れ物拾いましたPENTAX GPS UNIT 桜公園 | トップページ | 長焦点によるM27(NGC6853) »

2013年8月 4日 (日)

連夜のレンズテスト

8月1日の夜より低空の透明度が高そうに見えたのでもう一度知多へ。

24ミリ側をためし撮りしたが対象を導入する時にフォーカスを触ったとみえてピンボケ写真量産しました。途中から14ミリに変えたのでそこからのデーターは使えました。

F5 14mm ISO1600 露光90秒8枚B
三重の伊勢方面に立ち上がる天の川です。この光害は三重県のものです。右は津辺りか。
光害を無理に修正しようとして失敗しています。

星景風にF5 14mm ISO1600 露光60秒2枚C光害を押さえこむのは難しいです。春先なら低空まで透明度が高いので良さそうです。

ここで24mmにズームして撮影

F5 ISO1600 60秒

E
光害対策に四苦八苦。体で明かりを遮りながらです。レンズを覗き込むとレンズがキラっととする時点でアウトだと思います。

もう少し天頂方向F5 24mm ISO1600 60秒8枚F街路灯の光でやはり空が照らされて天頂付近もきつい。やはりこの場所は冬から春先の南天しか使えない。

AF-S 14-24mmEDレンズは満足のいくレンズでした。後は低光害地へいくだけですね。こんどは流星群にも挑戦しなければ。

後、CD-1の極軸設定はポーラメータを使用しているだけです、短焦点のためシビアーではありません。現地着即撮影開始と簡単です。三脚は重量級ではなくビデオカメラ用の華奢なのを使用しストーンバックに駆動電池やコントローラーを入れて下にテンションを掛けてます、転倒防止にはバッテリをマジックテープで三脚に繋ぎ突風対策もしています。

昨晩は久ぶりに長い焦点のC14シュミットカセグレンでの撮影をしてきましたので、じっくり処理予定です。








|

« 忘れ物拾いましたPENTAX GPS UNIT 桜公園 | トップページ | 長焦点によるM27(NGC6853) »

「趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/286946/52733674

この記事へのトラックバック一覧です: 連夜のレンズテスト:

« 忘れ物拾いましたPENTAX GPS UNIT 桜公園 | トップページ | 長焦点によるM27(NGC6853) »