« 2013年8月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年10月18日 (金)

M33画像処理1回目

光害地でモザイク処理は非常に難しい。色調合わせに四苦八苦しています。疲れてしまったので一応終了。M33aaa 途中で鏡筒反転していますのでカブリ具合も変化してしまいます。

L:5分X4  R:10分X1 G:B:5分X1(ビニング)上下ですから合計80分露光。

Rはこの銀河の肝(NGC604とかNGC595などの大型散光星雲が有る)なのでビニングせずに撮影しています。毎回処理していて周辺は押さえた方がいいのか出した方がいいか迷います。

追記:色彩を決めるために印刷しながらいじってます。上記画像を印刷してみるとUTOさんがご指摘のように彩度に乏しくのっぺりした感じになります。彩度を上げたり青側にふったり、多少NGC604の高輝度部を犠牲にしながら輝度を上げたりしてみました。M33aaaaまだまだかな。引き続き悩んでみます。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

10/12日の夜はこんなのも撮ってました

リハビリがてらの撮影で、大きく明るい対象ということでM33をば撮影しました。でもC14望遠鏡(約2000mm)とSXVR-H694冷却CCDカメラの組み合わせだと全体が入らないので上下分割してモザイク撮影してみました(まだ入りきれてませんが主要部分は入ったと思います)。軽くL画像を処理してみました。上下ともL画像5分4枚。M33lどう料理しようか思案中。月が太ってきましたのでじっくり処理できます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月17日 (木)

NGC1073をカラー化してみました

NGC1073をLRGB合成してみたが色情報が少なくまったくだめだめ映像になってしまいましたこんなに腕の淡い銀河にも関わらず5分露出(ビニングX2)画像2枚ではいかんともしがたい、おまけにR画像の一枚は人工衛星がど真ん中通過して使えず。Ngc1073_2 L:5分X16枚 R:5分1枚 G:B:5分2枚

もっと時間をかければバジル部と周辺の腕の色対比が面白くだせそうな気がいたします。トータル1時間45分の画像では無理でした。画像荒れの誤魔化しでぼかしとバックの切り落としばっかりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月13日 (日)

今新月期のラストチャンスと思い撮影してみました

まだ処理中ですが取り合えず一部L画像をアップします。Ngc1073dla 棒渦巻き銀河と片付けるには不思議な感じがします。クジラ座銀河団の中ですから銀河の合体後の姿なような気もします。カラー化はじっくり処理します。

追記:北方向に合わせた画像に差し替え。少しトーンカーブを弄りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月 2日 (水)

幼稚な工作

星の撮影ができない日が続きブログがネタ切れで更新できませんでした。久ぶりの更新ですが機材ネタです。あまりにもひどい手抜き工作ですので笑って許して。暗闇なら下手な工作も判りませんから。A 簡易赤道儀撮影システムの改造です。まずは私は目が良くないのでCD-1の覗きパイプによる北極星の導入が苦労するため簡単な着脱可能な極軸望遠鏡を付けてみました。

見て判るように手摺金具と他の望遠鏡のファインダーの組み合わせです。見栄えを考えれば手摺金具の足部をカットして綺麗にすればいいのですが使用は暗闇だからとそのままです。おまけに3ミリのタップが見つからず強引にネジによるネジ切り及びケガきなしの穴あけといい加減工作です(費用は手摺金具代だけ)。ネジ2本の手締めですから使用後は外してカメラの邪魔にならないようにします。ファインダーに十字線も入っていますし素透視パイプより工夫しだいで精度が上がりそうです。

次の改造はAF-S NIKKOR 14-24mmにソフトフィルターが付けられない(前玉が突出しているため)のでレンズの後ろに取り付ける工作をばしてみました(ネットを検索すると諸先輩方がされているようなので)。このレンズは某彗星用に購入したのですがせっかく冬の派手な星空を撮影しないのがもったいないと感じて、こんな工作をしてみました。星座の判る星野写真も一般受けがいいしなんて不純な動機もあります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2013年8月 | トップページ | 2013年11月 »