« 短焦点屈折によるIC432 | トップページ | 薔薇星雲を処理 »

2013年11月 7日 (木)

IC342のカラー化後の画像

デジタル現像時SSSで色を出してみました。赤及び黄色が強いです。黄色が出すぎのため黄色を減らす調整しました。Ic342aステライメージでデジタル現像に初めてSSSを選択してみました。

やはり旧アポクロマートのPENTAX75EDHF(75ミリX500ミリ)では限界を感じます。それとL画像をもう少しおしておけばよかった。良い空だったので我慢できず別対象に切り替えてしまった。

L:5分X13枚、R:5分X7枚(2BIN)、G:B:5分X8枚の合計3時間

次は淡いのは敬遠して処理の楽しいNGC2244辺りを狙ってしまいました。L画像、後日からー。Ngc2244dl

久ぶりの撮影ですが平谷の暗い空だと変なカブリも無く楽な処理が可能です。日頃、光害の中で撮影するのとは違い楽しい。色は真っ赤、朱色、ピンク、どう処理しましょうか。

|

« 短焦点屈折によるIC432 | トップページ | 薔薇星雲を処理 »

「趣味」カテゴリの記事

コメント

まさに今、これ(IC342)と格闘中ですcoldsweats02 遠征で空が暗い場所ですと、こんなに写るんですね。私のは背景との差が小さ過ぎて、本体が浮かび上がってきません。それにエムティさんのように短焦点で小さく撮った方が映えますね!

色彩はかなり赤いのですね。私のフィルターではどんな感じになるのか興味がありますが、セルフガイドの弱点でフィルターに耐える明るいガイド星が無くて困っております。何とか撮れると良いのですが・・・

投稿: k | 2013年11月 8日 (金) 12時17分

kさん、光害が少ないのは良いです、思い切って淡い部分を持ち上げられます。掲載画像は中心の1500x1000の切り出しでその3倍くらいの余白がありますから800mmくらいの中焦点が適正と思います。kさんには迫力の有るIC342を狙ってほしいです。
色はSI7のデジタル現像でSSSを指定したため濃くでましたがRGBですと赤よりの橙色がメインの淡い感じでした。見えない星間物質の影響は大きいですね。又、銀河じたいも活動的な銀河のようでHα領域が多そうです。
オフアキシスに変えた方がストレス無いですよ。

投稿: エムティ | 2013年11月 8日 (金) 15時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/286946/53865670

この記事へのトラックバック一覧です: IC342のカラー化後の画像:

« 短焦点屈折によるIC432 | トップページ | 薔薇星雲を処理 »