« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

2013年12月31日 (火)

NGC2685特異銀河

Pola Ring Galaxy(極環状銀河)とかHelix Galaxy(らせん銀河)とか言われる特異銀河のArp336又はNGC2685銀河。銀河の回転方向と異なる方向から矮小銀河を取り込んだ結果ではないでしょうか。銀河中央から画像の右下方向に向かってらせんを描くように取り込まれたように見えないでしょうか。Ngc2685 中央部等倍切り出し。Aこんな不思議な銀河がいっぱい有りますが撮影できる天候に恵まれるのは年に数回ですね。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2013年12月30日 (月)

昨晩こんなのを狙っていました

シーイング悪すぎで処理を迷っていたNGC2685を取り合えず様子見してみました。L画像だけ処理。Sum_ngc2685 画像を選別しながらじっくり処理すればなんとかなるかもしれません。低空からのL画像や風による変形画像も加えていますとりあえず全て加算。カラー化をすればへんてこ銀河が表現できるかも。完成しなかったら見なかったことにしてください。

おおよそ使えそうな画像を当たった所24枚中11枚がなんとか使えそうなレベルでした。こんな淡い銀河リングには厳しいL画像枚数です。やりなおしたL画像。Ngc2685l

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月22日 (日)

中天忘年会

今年も浜名湖のエクシブで豪華忘年会をいたしました。

ホテルへ入る前の浜名湖湖岸。Aこの寒風吹きすさぶ中ウィンドサーフィンに興じる方々がいます。冬の天体写真撮影と同じく趣味とはいえ楽しむのも大変です。

B 宴会前の部屋の様子です。もう飲み始めています。プロジェクターは O川さんのガボン日食観測上映会用です。少ない確立なのにアフリカまで行ってしまう根性がすごいです。C私は酒が飲めませんが 試飲させていただきました。飲みやすくて「空」が好きです。試飲と言いながら3杯も飲んでしまいました。料理も美味しく皆で楽しみました。

部屋に戻り星談義です。たまにしか合えないメンバーですが共通の星趣味ということで話が弾みました。GENTAさんはこの最中にもこぐま座流星群狙いの比較明撮影をベランダにセットしていました(すごい)。皆さん来年もよろしくお願いいたします。D 翌朝の状態です。さすが晴天率のいい遠州です。中央付近に富士山まで見えています。帰り名古屋に近づくほど雲が増えてきてしまいました。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2013年12月10日 (火)

誤魔化しのM1

電動フィルターホイル交換後のトラブルでガイドがうまくいかなかったM1を処理してみました。誤魔化すためにL画像をソフトビニングしました。M1 L:5分8枚ソフトビニング  RGB:5分4枚(2X2)

8日から9日にかけての画像はすべてSKYFLATを各LRGBで使用しています。さすがに同一露光時間の実際の星空を使用しますので良くあいます。時間も5分X4枚と星図ソフトで薄明サインが出てから撮影しています。20分で最適なフラットですから便利です(ごみは厳禁ですが)。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

メジャー銀河M51

8日深夜、有名なりょうけん座の子持ち銀河を撮影しました。何度も撮影している銀河ですが魅力のある銀河です、撮影中もモニターに出力された画像を見ながら想像を膨らませて楽しめます。マイナー銀河も撮りたい欲求はあるのですがこれにはかないません。

L:5分8枚  RGB:5分3枚(2X2)  C14シュミットカセグレン望遠鏡M51 薄明までに撮りきれるかひやひやしました。当夜前半の時間ロスがなければもう少し困難な対象を選んでいたでしょうね、透明度の良い空でしたから残念です。

次はガイドがダメダメのM1を処理予定。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年12月 9日 (月)

透明度が良さそうなので春の銀河ねらい

前に電動フィルターが故障して新しいのを入手したと書いたと思いますが、フィルターを実装できたので動作テストを兼ねて常滑の前の自宅まで行ってきました。カメラレンズ使用前提なので薄型製品をチョイスしました。XAGYL社の5X1.25”USB FILTER WHEELです。

トラブルにめげそうになりながらなんとか撮影して来ました。

まずは、フィルターの実装順を間違えました。

L→Hα→R→G→BとするつもりがL→B→G→R→Hαとしてしまいました。B画像のフォーカスが出ないので悩んでしまいました。カメラユニット全体を取り外して動作させ前から覗きこんで気づきました。現地で暗い中分解変更するのも埃の混入の元なのでASCOMの設定変更ですませました。

次が以前のフィルタホイルと多少厚みが違うためオフアキのフォーカス位置がずれてしまいガイド星が見つけられなかった。試しにM1を撮影していたのですがオートガイドの失敗が多かったです。

時間を無駄にしながらどうにかこうにか撮影した、やまねこ座NGC2683です。Ngc2683_2 RGB合成に失敗していますが面倒なのでそのままです。後日やり直し予定。(RGB合成しなおした物と差し替えました)

このフィルターホイルはUSBのバスパワーだけで動作するのですが、音が多少気になります。なんか回路が焼損してショートしているようなジイージイー音が動作の時モターとギヤー間でします。最初の火入れの時思わずやっちゃったと思い急いで中を開けて確認してしまいました。後、USB COMポートなのですがハード管理画面でCOMポートを削除して再接続しないと認識できない時があります。

一応、使用確認は取れました、後はカメラレンズでフォーカスが出るかですが、サイズ的には出るはずです。

次はこれの予定。M51dl_2孫の子守優先なので処理時間が取れるかなー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月 6日 (金)

最近出動できません。

12月1日のミニ遠征後、風邪がひどくなり寒さに負けて撮影に出かけていません。快復が歳と共に遅くなります。久ぶりに今日辺り出動しようと思ったのですが天気が良くなさそうです。

でも夕方ごろ妻から月が綺麗だよと言われベランダから覗いて見ると細い月が金星と並んで輝いていました。撮影しようとしたのですが地上と離れすぎているため夕飯の支度をしながら低空に来るのを待ちました。支度後、再度覗いたら雲の中に突入していました。星景は簡単に撮影できるものではないですね。結局最初の時のそらだけの画像です。Photo _dsc4412一番目の画像が105ミリ2番目が24ミリでLEEフィルターのNO1が後ろ玉の後に付いた状態です。地上の光がぼけるのはそのせいです。冬の星野を撮影しようと準備したものです。これを前回のミニ遠征に持って行けばと反省しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月 2日 (月)

ラブジョイ待ちの間のいっかくじゅう座わし星雲

12月1日の未明までまだ時間があったので、短時間で撮影できそうな南の対象ということでいっかくじゅう座のわし星雲を撮影しました。フラットが取得できてないのでざっくり処理ですがアップします。Ic2177_a

この後、急ぎデジカメに変えラブジョイを撮影しました。

ひさしぶりに撮影する魔女とわしですが十分南知多で撮影可能です。低空と天頂より北方向は使えません。サソリの頭部辺りなら冬の早撮りができそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラブジョイ待ちの間に魔女の横顔

折角の新月期、ミニ遠征でも良い作品を撮りたくてメジャー所のIC2118(魔女の横顔)を撮影しました。南知多は冬期の遠征地として使用しますが中光害地でかろうじて南側が使用可能です。欠点は飛行機が頻繁に通過しますし、風は海岸ですから非常に強い時があります。

この星雲はオリオン座のリゲルにより輝いています。撮影の時に注意しないとまともにリゲルの強い光でカブリがでます。一生懸命リゲルの光が筒の中に差し込まないよう構図取りするのですが今回も多少差し込んでしまったようです。で、お題は「リゲルに照らされる魔女」とします。魔女らしさを出すため上下逆さまに掲載します。魔女らしさが出てますでしょうか。

PENTAX75EDHF+RC0.72+LPS-P2フィルター+IDAS_TYPE4フィルター+SXVR-H694カメラ

RGB:ビニング無しの10分3枚    L:5分10枚Ic2118_c 私は中央上の左に突き出している辺りを魔女の鼻に見立てています。

今回電動フィルターが故障したため急きょ手動フィルターホイルを使用したのでいそがしかったです。代わりの電動フィルターは入手しているのですがIDASのゴーストレスフィルター用のホルダーができていませんので使用できません(でも、本当はIDAS TYPE4なら取り付けできたんですよ現地で気づくなんてアホだなー)。もう一つ忘れたのが短焦点レンズ、冬の豪華な明るい星の競演も撮りたかった。

後気がかりなのがD600カメラのリモコンが使えなかった事、先ほど確認したら異常なく動作します。零度以下にはならなかったのですが低温になると色々あります。非常用にドライヤーを準備しようかと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月 1日 (日)

今朝12/1のラブジョイ彗星2013R1

益々低空になり撮りにくくなったラブジョイ彗星。R1_c 尾がうまくだせませんが画角をはみ出るくらい長いようです。近場の遠征で南知多まで行ってきました。キャベツ畑の農道の中で一人さみしく、ではなく、やはり彗星狙いの方が一人いました。新月期の土曜の夜ですから各地で同好の士が活躍されたのでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »