« 今年の初撮影 | トップページ | リベンジの機会到来NGC2685 »

2014年1月 5日 (日)

ノーマルカメラによる冬の天の川

昨晩見た豪華な冬の天の川を処理してみました。星が肥大するのにもかかわらずトーンカーブをおもいきり持ち上げました。1分露光10枚ISO1600.

Photo_2 星の色を出すにもこの方がいいかな。明るいのは木星です。

14mm端で冬のダイアモンドを。ざっくりと処理しましたがカブリがひどく周辺を切りました。Photo 広角になるとカブリが顕著に出てきます。いつかはこれを低光害地で撮りたいです。

冬のダイアモンド(カペラーアルデバランーリゲルーシリウスープロキオンーボルックスーカストル)。

|

« 今年の初撮影 | トップページ | リベンジの機会到来NGC2685 »

「趣味」カテゴリの記事

コメント

たしかに星の色や星座を楽しむにはこの処理もありですね。
助言いただいたように、こういう撮影なら、私にも冬場の遠征ができそうです。
次の新月期にためしてみようかなぁ。

投稿: いーぐる | 2014年1月 6日 (月) 00時22分

年末、久しぶりに空の暗い地方へ行ったのですが、木星が居たので双子の形が解り難かったです。この写真だとカストルとポルックスの色の違いもハッキリ解って楽しいですね。アルデバランとベテルギウスの赤も少し違っているんだなぁとか、色々感心致しました。

投稿: k | 2014年1月 6日 (月) 02時42分

いーぐるさん、おはようございます。
星景風星野ですが一般の方がイメージする星空に近いと思います。主役は星と星座ですね。
ぜひやってみてください。冬の豪華な星たちがまってますよ。

投稿: エムティ | 2014年1月 6日 (月) 08時45分

kさん、おはようございます。
星野写真では木星がいいアクセントになってます。星の色が出せてますでしょうか。肉眼でも赤っぽい星、青っぽい星と見えるのをソフトフィルターや画像処理で肥大させることで表現してみました。星の色が表現できていれば嬉しいです。
オリオンの左下のサイフが入らなかったのが失敗です。

投稿: エムティ | 2014年1月 6日 (月) 09時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/286946/54501381

この記事へのトラックバック一覧です: ノーマルカメラによる冬の天の川:

« 今年の初撮影 | トップページ | リベンジの機会到来NGC2685 »