« 昨年の30日撮影が中途半端に終わったM63 | トップページ | ノーマルカメラによる冬の天の川 »

2014年1月 5日 (日)

今年の初撮影

折角の晴れですが風が強くて長焦点は撮影できないし路面凍結が怖くて山へは行けないし、ということで凍結しない知多で広角撮影ということにしました。ソフトフォーカスフィルターのテストもしたかったので。まずは対象をカノープスに決めました。PhotoニコンのAF-S 14-24ミリF2.8の後ろ玉側にソフトフィルターLEE NO1を入れています。カノープスは中央木立のすぐ上の星と思いますが低空の雲と透明度不良のせいで自信なし。ソフトフィルターで明るい星が肥大して星座が判りやすくなっていると思いますが。

|

« 昨年の30日撮影が中途半端に終わったM63 | トップページ | ノーマルカメラによる冬の天の川 »

「趣味」カテゴリの記事

コメント

位置的にこれはカノープスですね。初撮りがカノープスとは縁起がいいですね。これで長寿間違いなし。
狙いのソフトフィルターの効果もばっちりで、オリオンが楽しく見えます。
最近ソフトフィルター使っていないので、この画像を見たら広角で冬の星座を撮影してみたくなりました。

投稿: いーぐる | 2014年1月 5日 (日) 08時16分

そうですよね位置的には合っているようですが本来ならシリウスなみの星像を期待してしまいます。低空の透明度の悪さから自信がでませんでした。肉眼ではしょぼくて長寿は難しいかも。
星景としては星座が判り見た目に近いのが基本ではないかと思いソフトフィルターをどうしても入れたかったのです。
冬は1等星以上の星が多くこのフィルターに最適な季節ですよ。重い機材もいらず手軽に短時間撮影できます。いーぐるさんは体調上冬季遠征は自粛されているようですが負担の少ないこんな遠征はいかがでしょうか。

投稿: エムティ | 2014年1月 5日 (日) 09時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/286946/54494818

この記事へのトラックバック一覧です: 今年の初撮影:

« 昨年の30日撮影が中途半端に終わったM63 | トップページ | ノーマルカメラによる冬の天の川 »