« M82に現れた超新星SN2014J | トップページ | 色が決まらないM63ひまわり銀河 »

2014年1月28日 (火)

昨晩の葛藤

ようはマイナー銀河路線に行くか撮って楽しい銀河にいくかです。M82撮影でイベント事は押さえたので次の対象をどうしようかと。一応マイナー銀河路線も対象は想定して来ましたが、天候不順でめったに撮影機会が取れないことを考えメジャー銀河を撮ることにしました。まずはしし座のカラフル銀河M66に決めました。M66SXVR-H694カメラでは初撮影対象です。当夜はシーイングも良く周辺の淡い部分も無理なくだせました。

実は心の葛藤の中に写真展のことも心がよぎりました。一般の人にはまずマイナーな銀河は受けないだろうと。わが中天では説明無しの写真オンリーが基本ですので説明の必要な写真はNGということなのでインパクトのある銀河を狙ってしまいます。この銀河なんかは説明しなくても美しいと感じてくれるのではないでしょうか。独りよがりかなー。

追記:彩度をなんとかアップしてみました。M66a 最初のRGB合成時すごく黄色が強かったので黄色を落としたのですが間違いだったようです。ついでにバックグラウンドを厚化粧しました。

活動銀河の青や赤を強調しなければという意識が働きバルジの黄色成分まで抜いてしまったようです。多少青に振った方が見栄えがよいかなー、と迷います。最終はプリントですので又その時考えます。

追記:M66aaまだめりはりにとぼしいかなー。

最終:M66aaa これ以上いじってもループする感じなのでこれで終わりにします。

|

« M82に現れた超新星SN2014J | トップページ | 色が決まらないM63ひまわり銀河 »

「趣味」カテゴリの記事

コメント

前記事のM82を拝見して「これはシーイングもピントも、かなり物凄くシャープなのでは」と感じたのですが、自分で撮った事の無い対象なので断言する自信が無かったのです。こちらの画像を見て確信しました。
彩度上げたらノイズ浮いてしまうでしょうか?カラー撮り足しても仕上げる価値がある素晴らしい撮像結果と思うのです(あと、Flatを何とか・・)

投稿: k | 2014年1月28日 (火) 23時57分

kさん、指摘が凄過ぎていたいです。
手抜きを見透かされています。彩度をアップすると特にノイズが出るわけではないのですが、カラーに対するセンスがないせいかうまく綺麗には彩度アップできません。一応前の画像のM82画像で試してみました。スーパーウインドの噴き出しにはなりませんが彩度アップでそよ風程度にはなったかな。Flatの件は、バックの化粧を忘れていました、眠くて。

投稿: エムティ | 2014年1月29日 (水) 13時39分

一番申し上げたかったのは「素晴らしい!」という事だったのに、何度もコメントを書いたり消したりしているうちに、生意気な言葉が残ってしまって申し訳無くなりました。
(2度目の画像は私のモニターだと緑?黄色?が強く見えるのですが、自信はありません)

今程私のブログに、こちらの画像をお借りして色彩強調例を上げてみました。既にエムティさん御存知の事ばかりかもしれないのですが、もしお時間がありましたらザッと眺めて頂き、直ぐに削除したいと思いますm(_ _)m

投稿: k | 2014年1月29日 (水) 23時13分

kさん、率直な意見はありがたいです。一歩二歩前進できますので批評は大歓迎です。おまけに色彩強調例を示していただきありがとうございます。2度目の画像は黄色が強いですおそらくGカブリの影響かも。最初の画像は逆にバルジ部の色彩が失われてしまってます。再度処理しなおしてみます。

投稿: エムティ | 2014年1月30日 (木) 01時52分

エムティさん、遅くまで起きてらしたのですね!(コメントのお時間を見てビックリ致しました) 御覧頂きありがとうございました。記事は削除しました。マルチバンドシャープ、私は中間周波の強調が苦手なので、つい小さい半径で使ってしまうのですが、最小値を120とか高めに設定する事で、ノイズの強調を回避しています。

追加3枚目、もしかするとボカシフィルターの影響が強いような気も致しますが、、あくまで個人的な感想ですので流して頂ければ(汗)

投稿: k | 2014年1月30日 (木) 03時26分

kさん、気になると寝れなくなる性格なものですから試してみたくなりあんな時間になってしまいました。マルチバンドシャープの設定で最小値の意味合いを忘れてました(がさつな性格をなおさないとです)。
ボカシフィルターは使用してないです。もう少し強めにシャープ系フィルターをかけても良さそうですね。

投稿: エムティ | 2014年1月30日 (木) 08時18分

素晴らしい解像のM66ですね(◎-◎;)!!
うーん、天文雑誌のフォトコン応募なら最終稿で良いと思いますが、一般狙いなら、もっともっと彩度上げた方が良いかなーと思います。

投稿: uto | 2014年2月 2日 (日) 13時18分

メインは一般狙いです(名古屋展の時の銀河素通り率が高いのがショックでしたから)。もっともっと彩度ですか。展示会ではアメリカンな味付けが必要ということですね。天文趣味の人以外にも見てもらうことを想定して派手派手バージョンも用意しておこうと。

投稿: エムティ | 2014年2月 2日 (日) 15時00分

そうですね、一般受け狙いなら、アメリカンはチョット、日本人にはウケないと思いますが、パステル調は許されると思いますよ。
ぜひもっと彩度アップしてください。

フォトコンには送らないんですか?
その方が、枠がひとつ埋まらない分、僕的には助かりますが・・・(^^ゞ

投稿: uto | 2014年2月 3日 (月) 00時20分

いやいや天体趣味の人にウケないだけですよ。一般展ではインパクトを与えるなにかが無いと(造形の美しさとか)とても美しい星景写真とは競えません(セントラルギャラリーの名古屋展で実感しました、案外ハップルカラーの方が気を引いてました)。
フォトコンの方はプリンターが壊れていますしラボに出すのも面倒なので、という言い訳ですまします。実際はこんな処理で良いのかWEBで海外作品などを見ていると自信が失われるからです。何時間も掛けた凄い作品がありますからね。日本のシーイングでは難しいでしょうがいつかはそれに迫ってみたい。

投稿: エムティ | 2014年2月 3日 (月) 00時57分

いやいや、遠天写真展で思ったのですが、アメリカンの様なのはダメなんですよ。
真っ赤っ赤な薔薇星雲とか真っ青な昴とか、人気取れてないですからね。
パステル調でも色彩がある・・なんというか、こってりではないんですよね。
うーん、上手く言えないですが、、、
階調と豊富な色彩があってこそだと思うんですよ。決してこってり系の画像が良い訳ではないです。

数年前のM51はその路線で確か人気投票No1なんですよ。
うーん、言葉では上手く伝えられませんが・・・
階調性の方が大事だと思うんですよね。

HubblePaletteは、人気ありますよね。
やはり派手さが良いのだと思います。
ただ、こちらもアメリカン風には僕はしないなぁ・・

うーん、でも、場所によりけりかも。
遠くから目を引く見た目の派手さも大事ですしね。

投稿: uto | 2014年2月 3日 (月) 10時05分

横からすみません。utoさんのおっしゃる事、何となく解るような気が致します。日本人って、ハッキリした色彩より微妙な色が入り混じった感じを良く見分けて好む印象がありますよね。
エムティさんの最終画像、私も好きです。BGに若干Bが強いかな?とも見えますが、プリントでは違うかも。

話は違いますが銀河の写真をヒトに見せると必ず訊かれるのは「この(手前の)星は(奥の)銀河の星なの?」っていうことで、なかなか遠近が解って貰えないみたいです^^;

投稿: k | 2014年2月 3日 (月) 10時39分

utoさん、諧調と豊富な色彩ですよね。私の考えるアメリカンは、あちらの画像処理コンテストで優とされる画像の事です、天文台の写真でも一般に公表される物は見せるための工夫がされているように感じます。日本の方で言うと上坂さんのような色使いを考えてます(私のはインパクトが無いしやぼったい)。まだまだ表現力がutoさんやkさんのレベルに到達していないように感じています。なにが足らないのでしょう(色彩に対する感性)。

投稿: エムティ | 2014年2月 3日 (月) 11時21分

kさん、私は典型的な日本人で原色は好みません、どちらかと言うと水墨画のような無彩色が好きです。カラー写真の感性が不足しているので修行中と言った所です。
BGをBにするのは多少透明感を出したいのと、夜空のイメージ色と思うからです。
宇宙のスケール感が一般の方は小さいので数千万光年先の銀河と言っても星が見えると思うのでしょうね(超新星は別ですが)。天の川銀河に無限と感ずるような星がいっぱい有ることも理解されてないでしょうね。くやしいですが遠近の表現は差がありすぎてできないですね。ぜひ銀河の伝道師として啓蒙してあげてください(宇宙人を信じるようになるかも)。

投稿: エムティ | 2014年2月 3日 (月) 11時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/286946/54780721

この記事へのトラックバック一覧です: 昨晩の葛藤:

« M82に現れた超新星SN2014J | トップページ | 色が決まらないM63ひまわり銀河 »