« 1月6日から7日にかけて撮影したM96 | トップページ | NGC2859(こじし座)を処理してみました »

2014年1月10日 (金)

画像復元で明るい星が変になる件の対策案

前のブログでもアップしたように銀河自体は画像処理で鮮明にできますが、中程度以上の星像が歪んだようになってしまいます(これはシーイングによる星の変形を画像復元した結果ではないかと思います)。これを回避するには星にマスクして画像復元すれば良いことになりますがCCDStack2にはその機能が無さそうなので通常処理と画像復元処理の2画像を作りフォトショップ内で合成となります。

不精な私としてはこんな面倒なことはしたくありません。そこで逆転の発想で画像復元で集光した物なら逆に中程度以上の星を選択してぼかしをかければ元に戻るのではと考えました。そこでSI7の選択マスクで中程度以上の星マスクを作り選択ぼかしをかけることにしました。中程度以上の星は長焦点の画角内には僅かしかありませんので適当でもうまく行きそうです。

で、処理したM96銀河です。L:5分X16枚  R:5分X3枚(2X2)  GB:5分X4枚(2X2)

R画像1枚は人工天体がど真ん中を貫いたのでボツでした。M96自分基準ではOKです。こりゃ他の画像も処理したくなりました。

追記:kさんのアイデアを実施してみました。ちょっと画像復元の効果が出ない銀河を選んでしまいましたが赤丸の星に注意してください。NGC2859です。明確な渦巻きは無いですが淡いリングがあります。Photoこの3っの星を消し画像復元後に元画像と比較明合成。当然銀河自体も元画像の方は暗くしておきます。その結果。Photo_3本当に例としては不適な対象銀河を選んでしまいました。取り合えず3っの星だけに注目してください。  

|

« 1月6日から7日にかけて撮影したM96 | トップページ | NGC2859(こじし座)を処理してみました »

「趣味」カテゴリの記事

コメント

いい感じですね!星を選択してボカシ直すというのはチョット抵抗ありますが、この仕上がりならOKかなと思います^^

私はPxInsightで作ったマスクをSIに持ち込んで使ったりしているので、Pixお持ちでなければフォトショップでマスクを作って他のソフトで画像復元するのも有りと思います。
SIで背景と星を除外した銀河だけのマスクを作って画像復元もかけられないか試してみているのですが、これは未だちょっと良く解りません(問い合わせ中です)

投稿: k | 2014年1月10日 (金) 21時26分

kさん良いアイデアですね。私の場合背景は除外する必要が無く、数個の星がおかしくなるだけなのであらかじめ消しておいて後からその星を比較明で復活させる方法も使えますね。絶対試してみます。この方がさじ加減せずにすみ簡単そうです、また結果をアップします。

投稿: エムティ | 2014年1月10日 (金) 22時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/286946/54556565

この記事へのトラックバック一覧です: 画像復元で明るい星が変になる件の対策案:

« 1月6日から7日にかけて撮影したM96 | トップページ | NGC2859(こじし座)を処理してみました »