« 宿題の検証 | トップページ | 昨晩は茶臼山遠征パート2でした »

2014年4月26日 (土)

天候回復後に撮影したM8

撤収しようか散々迷ったのですが、なんとか天候回復して1対象だけ撮影できました。M8a
75EDHF鏡筒でも撮影している対象ですが、FSQ鏡筒では明らかに星のサイズ、色、精細感が違います。星が色ずれによる自己主張しない分すごく処理が楽になります。以前の鏡筒では星がうるさく感じ星雲を出そうとすると星が肥大するといった感じでした。わずか1時間半の撮影時間の感じです。時間が無くRGBをビニング撮影しました。L:10分5枚、RGB:5分3枚。処理はSI7でダークとフラット、CCDStack2でスタック、SI7でLRGB合成とデジタル現像、Photoshopでトーンカーブ調整とWEB用にサイズ縮小とJPEG化。

追記:薄霧状態で撮影したマルカリアン・チェーンですが処理しないつもりでしたが勢いで処理してみました。Photo色味に乏しいですが無理しないとこんなものでしょうか。

|

« 宿題の検証 | トップページ | 昨晩は茶臼山遠征パート2でした »

「趣味」カテゴリの記事

コメント

FSQの調整作業がうまく進んでいるようでなによりです。私は、FSQの直焦点画像がとても気に入っています。ただ自分の画像処理の腕がFSQのすばらしい持ち味を生かし切っていません。その内画像処理のご指導をお願いいたします。

投稿: TM | 2014年4月26日 (土) 20時14分

TMさんはデジ1でFSQを使用してませんでしたか、スケアリングは大丈夫でしたか気になります。
そんな、ご指導というほどの複雑処理はしておりませんので無理ですよ(ほぼ初心者解説書どうりです)。単純処理がベストと理由付けして処理してます。
FSQは本当に素晴らしいですね、よぼよぼになる前に購入して良かったです。
新月期ですが撮影機会が少ないです。もう高嶺山は登れますかね、ご一緒できるといいのですが。

投稿: エムティ | 2014年4月26日 (土) 21時21分

今はデジ1でフルサイズのいろいろな課題を勉強しています。そのうち冷却のフルサイズでガンガン撮影してみたいものです。でもデジ1は想定外の使い良さで気に入っています。スケアリングは、カメラを接続するリング(BORG製)の遊びで0.05から0.1のシムリングで対応しています。今のところFSQではドロチューブは伸ばさずに使用しているせいか片ボケは問題無いと判断しています。高嶺山は、昨年のペルセ(8月)以来ご無沙汰してますが、天候さえ許せば行ってみたい場所です。またご一緒できるといいですね。

投稿: TM | 2014年4月26日 (土) 22時14分

やっぱりドロチューブを引き出さずに運用ですか納得です。ネットで情報収集しようとしたのですが大勢の方が使用しているのにこの件の情報が少なく不安でした。この鏡筒を使用してフルサイズで撮ってみたいですね。とりあえず私もノーマル・フルサイズデジ1で経験してみたいです。

投稿: エムティ | 2014年4月26日 (土) 22時57分

FSQでのM8とM20は美しいですね。ところでドローチューブを伸ばさずに運用ということは合焦はどのようにするのでしょうか?
途中にヘリコイド入れるとか、β-SGR をつかうとかということでしょうか?
これだけシャープな鏡筒だとスケアリングとか、光軸のズレに対して敏感なんでしょうね。

投稿: いーぐる | 2014年4月28日 (月) 00時17分

いーぐるさん、美しいとお褒めいただきありがとうございます。一応天文に興味の有る人以外もOoと感じさせる作品をと処理しています。いーぐるさんの天の川写真、迫力ありますよ。
FSQはバックフォーカス以上の長さになってますがTネジの延長スリーブ10ミリを入れてます、GENTAさんのブログでバックフォーカスは長めの方は鈍感だという記事を見つけたので物は試しとだめ元でやってみました。そうすると2ミリ程の繰り出し量ですみます。まだカメラマウントでデジ1は試していませんのでこちらも工夫が必要かもしれません。フルサイズは困難が予想されます。

投稿: エムティ | 2014年4月28日 (月) 06時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/286946/55945874

この記事へのトラックバック一覧です: 天候回復後に撮影したM8:

« 宿題の検証 | トップページ | 昨晩は茶臼山遠征パート2でした »