« 色がままならなかったM63の再処理 | トップページ | 30/31日と連荘平谷遠征 »

2014年5月25日 (日)

少しポータブル赤道儀のシステム変更

CD-1のポータブル赤道儀を使用して星野を撮影していますが先日105mmのマクロレンズを使用した所、星が延びてしまいました。どんな感じかと言うと下の画像のような感じです。Aa
露光時間により伸びるわけでもなく経度緯度方向とも違い悩んでしまいました。

当日はあまり強い風ではありませんが吹いていましたのでその影響かもしれません。ビデオカメラにおまけとして付いてきたやぐい三脚を使用していましたので可能性が高いです。

これくらいの伸びなら24mmレンズなら影響は無いでしょうが、対象によっては105mmまで使用可能にしておきたくて3脚(カーボンで軽く、石突きを金属に変更できる物)を新調しました。最低でも50mm3分露光までにはしたい。他にも3点程変更いたしました。Ab
これでもダメなら北極星導入用に入れている一番下の雲台をもっと強固な物に変えたいと思います。

後、少しでもモザイクしやすいようにパノラマ雲台を付けたのとカメラの後ろからどの位置を撮影しているのか判りずらいのでスポットファインダーを付け撮影中心が判るようにしました。

心配な事は自由雲台を使用するためバランス的に無理しやすくCD-1が耐えてくれるかです(クイックシューとパノラママウント分高くなっています)。だめならなんらかのウエイトを考えないといけません。まあ今まで14mmー24mmの重いレンズで異常なく動きましたから大丈夫でしょう。

追記:カメラの向いている方向がカメラファインダーを覗いてもよく判らない件で、デジカメ用ホットシュー対応ドットサイト照準器を付けることにしました。自由雲台の上部稼動部を緯度軸とみなして固定して撮影中心をどこにするか決めれば星図上で撮影範囲が推測できるということになります。対象導入はパノラマ雲台部(緯度)と自由雲台のベース回転部(経度)でします。何回か練習しないといじってはいけないクランプネジを回しそうで怖い。暗闇でなおかつ思考力が落ちた深夜でも間違えないようなんらかの工夫が必要です。写真的には必ず北が上になりますが星野としてはOKかと。星景の時は上記固定をフリーにすればすみます。

補足画像:Cこんな感じで照星が表示されます。判りやすいよう一番明るく大きい形にしてますが4段階で明るさが変えられます。星空でもカメラの向いている方向がよく判ると思います。D
ホットシューに取り付けて使用します。E
ボケた画像ですみません。おまけに倉庫部屋でバックがきたないです。

Aが緯度方向のクランプ摘みで角度表示はその上にあります(パノラマ雲台の流用)。Bが経度方向クランプで角度表示はこの裏にあります(アルカスイス規格のシュー付き自由雲台のベース回転機構の流用)。このように使用するとドイツ式赤道儀と同じです。星景は本来の自由雲台クランプで対応予定。





|

« 色がままならなかったM63の再処理 | トップページ | 30/31日と連荘平谷遠征 »

星を撮るための機材」カテゴリの記事

コメント

Wow! This blog looks exactly like my old one! It's on a completely different topic but it has pretty much the same page layout and design. Excellent choice of colors! gdfaagedaeda

投稿: Johnb757 | 2014年5月26日 (月) 06時32分

かなりの強化ですね。CD-1はパワフルですから、この位なら、大丈夫ではないでしょうか?
こうなると、一番下の雲台がちょっと弱いような気もしますね。
周りを歩いたりしたときの振動で、揺れてしまうなんていうことがなければ、100mm越えいけそうですね。
テストが楽しみ。

投稿: いーぐる | 2014年5月26日 (月) 23時43分

いーぐるさん今晩は。一気に剛性が上がりました。そう、一番下の雲台を取りたいのですが(ほんの僅かな傾斜と回転ができれば必要ないです)、適当な物が見つかりません(アングルプレートまで考えるとK-ASTECさんのマウントでしょうか)。取り合えずこれでうまく行けばいいので、はやくテストしたいですね。直焦点だけではもったいない星空の時もありますので準備したいと思います。

投稿: エムティ | 2014年5月27日 (火) 01時07分

強固にされましたね。でも、星の流れの原因で一番可能性があるのは一つ穴での接続と思います。どこかありませんか?


投稿: naoki | 2014年5月27日 (火) 16時53分

naokiさん、おひさしぶりです。
一応最初のズレ画像は3箇所一つ穴接続部が有りましたが回転ズレする可能性が有ったのは1箇所です。そこなら露光時間に比例したズレ量となるように思います。あと、コルクや硬質ゴムが悪さしている可能性はあります。しかし105mm1分露光くらいはクリアーしてほしいです。
最近、定例会に行けづにご無沙汰しています。ちょっと家内の趣味で車が使われ足が有りませんのでしょうがないです。参加回数は少なくなりますがよろしくお願いいたします。

投稿: エムティ | 2014年5月27日 (火) 20時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/286946/56310778

この記事へのトラックバック一覧です: 少しポータブル赤道儀のシステム変更:

« 色がままならなかったM63の再処理 | トップページ | 30/31日と連荘平谷遠征 »