« 最近の遠征結果を少しずつアップ予定ーその1 | トップページ | 遠征結果 その3 »

2014年10月31日 (金)

遠征結果 その2

茶臼山での撮影分。ぎょしゃ座のIC405勾玉星雲とIC410どくろ星雲の2枚モザイクです。Ic405_ic410淡い星雲部を楽に出すため露光を8分としましたが微光星としては露光オーバーだったようです。5分露光で枚数で勝負が良かったようです。

FSQ106ED  QE0.73

ART4021カメラ

左右とも  L:8分X8枚  RGB:各5分X4枚です。

散光星雲でも生い立ちが違うため色が違います。

IC405はぎょしゃ座AE星(宇宙を疾走する星)により照らされた物で地球に比較的に近いです。

IC410は星形成領域で生まれた星により照らされた物で散開星団と重なってます。

追記:utoさんから指摘を受けた件で再処理してみましたがどうしても星が主張してしまいます。Ic405_ic410aGを押さえようとすると星の色が薄くなり、星をシャープにしようとすると星に黒縁が出る感じですね。IC405側の星もシャープで無い所を見るともう少しフォーカスを丁寧にした方が良かったようです。撮影時の100%画像では一見合っているように見えていたのですが200%以上で確認した方が良さそうです。

|

« 最近の遠征結果を少しずつアップ予定ーその1 | トップページ | 遠征結果 その3 »

「趣味」カテゴリの記事

コメント

左側が、全体的にピントが甘い様に感じます。
ピントチェックしました?

小さい画像だからかもしれませんが、星が硬調過ぎて、主張しすぎていて、肝心の星雲が埋もれている様に見えます。

星周りの黒縁もあるので、余計に星が目につくみたいです。

星の色も、もう少しカラフルだともっと綺麗に感じると思いますので、この辺り、ぜひ、改善にチャレンジしてみてはどうでしょうか?

投稿: uto | 2014年11月 1日 (土) 23時20分

utoさん、こんばんは。
そうなんですよ、左側ピントが甘いですよね。IC410へ移動した後、温度変化がたいして無かったのでピントを再度チェックしてないのですよ(カメラ重量に負けた?)。この部分はどうしようもありません。
星周りの黒縁はちょっと酷すぎですね、どこかで処理をミスしているのでしょう。多分星の色が出てないことと関連有りだと思いますので改善してみます。RGB画像には出てないのでL画像との調子合わせに失敗しているのでしょう。もっと軟調なL画像かな。
左がボケているようなのでちょっと再処理の意欲が出なかったのですが修正すれば作品にできるかも。やってみます。

投稿: エムティ | 2014年11月 1日 (土) 23時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/286946/57846464

この記事へのトラックバック一覧です: 遠征結果 その2:

« 最近の遠征結果を少しずつアップ予定ーその1 | トップページ | 遠征結果 その3 »