« 長焦点のリハビリ撮影でM1 | トップページ | 昨晩29日は系外銀河NGC2403を撮影 »

2014年11月27日 (木)

目論み失敗のIC405辺り

11月18日にIC405とIC410のモザイク撮影リベンジにトライしましたが、IC410側が薄雲のため満足に撮影できず、どういじっても色調があいません。で、結局IC405側だけ処理することにしました。どうもこの対象(IC410)は髑髏星雲と言われるだけあり不吉です、帰りうちにあいました。Ic405_2


だめなIC410側Ic410私が使用しているCCDが正方画素のためどうしてもモザイクしたかったのですが。印刷すると余白ができるのが正方画素の難点です。バック・中間調・ハイライトと全てに色調が合わせられません。できるだけ薄雲の影響が少ない物を選んだのですがだめでした。

あきらめきれずにM38辺りも撮っています。時間が許せば4枚モザイクも狙っていたので。前回105mmマクロで撮影した辺りですが、より高精細に美しくを目論みました。M38

|

« 長焦点のリハビリ撮影でM1 | トップページ | 昨晩29日は系外銀河NGC2403を撮影 »

「趣味」カテゴリの記事

コメント

M38付近は単品でも面白いナ~と思いました。
アルテミスも画素ピッチが広いので、感度は高いと思いますが、SXV-H694と比べるとどうなんでしょう?
こちらはST10XME(15mm×10mm)とST8300(17.8mm×13mm)とで、悩ましいところですが、でも、ニワトリなら、ST10XMEかなぁ・・
ブルーミングさえなんとかできれば・・ですが・・・

アルテミスはアルテミスならではの切り口を求めるのがいいんでしょうね。Abell85なんかはマッチするのではないでしょうか。

投稿: uto | 2014年11月29日 (土) 00時38分

単独ならIC417を入れた方が色的には楽しいと思います。モザイク前提で考えてましたからそこまで気が回りませんでした。
体感した感度的にはSXV-H694の方が2割増しの感覚です。KAI系の素子ですからブルーミングが無くノイズも少なく滑らかな画像で扱いやすいのがメリットです。
Abell85なんてとても淡くて難しいと思います。撮るとしたら短焦点カメラレンズでHαだけのモノクロでしょうね。一度撮ろうとしたことがありますが光害の凄く少ない所でないと無理な対象でした。

投稿: エムティ | 2014年11月29日 (土) 02時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/286946/58107541

この記事へのトラックバック一覧です: 目論み失敗のIC405辺り:

« 長焦点のリハビリ撮影でM1 | トップページ | 昨晩29日は系外銀河NGC2403を撮影 »