« 無謀な淡い銀河撮影NGC3631 | トップページ | 遊びの工夫中 »

2014年12月 7日 (日)

NGC2403の再処理

kさんより輝度を上げすぎて色乗りが悪いと指摘されましたので処理をしなおしました。輝度で表現するのではなく色で表現を心がけてみました。L(輝度)も256階調、RGB(カラー)も256階調使用しないともったいないです。Ngc2403bbこんな感じでどうでしょう。L画像の不足で肌荒れが気になります。リベンジ撮影したいけどまだ水準器が取り付けて無いため画角合わせが面倒そう。早く入手しなければ。

|

« 無謀な淡い銀河撮影NGC3631 | トップページ | 遊びの工夫中 »

「趣味」カテゴリの記事

コメント

生意気にコメントしてしまい、申し訳ありません!今頃慌ててます・・coldsweats02

でも、こちらの方がグッと良いと思います。輝度を落とした事で、色乗りだけでなくLのシャープ感も増して見えるように感じられますが、いかがでしょう。
画角の再現は面倒ですよね。シーイングの良い空、来い来い!と祈ってます^^

投稿: k | 2014年12月 7日 (日) 23時40分

いやー、kさん正しい指摘です。どんどんおかしい所を指摘していただくと嬉しいです。
なぜかL単独で見ると軟調でまったくシャープ感は無いですけど、カラーを乗せると代わりますね。人間の感覚って不思議です。
銀河はほとんど日の丸構図なので中心は合うのですが回転は今までほぼ北合わせで目分量でしたので数度ズレ後からコンポジットで苦労のパターンが多かったです。ですから複数夜のデータから今まで作品化できませんでした。

投稿: エムティ | 2014年12月 8日 (月) 00時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/286946/58203055

この記事へのトラックバック一覧です: NGC2403の再処理:

« 無謀な淡い銀河撮影NGC3631 | トップページ | 遊びの工夫中 »