« 遊びの続き | トップページ | 今年最後の遠征 »

2014年12月23日 (火)

遊びの準備は整ったぜ

前回の反省を踏まえて、こんな風にしてみました。35mm1:Fマウントが弱い件

   バネの部分にスペーサーを追加してがちがちにしました。

2:スケアリングずれを置いておいても周辺星像が酷い件

   35ミリレンズでF4に絞ることにしました。周辺減光にも効果的ですから。

3:レンズが重すぎる件

   35ミリ単焦点レンズに変更で約四分の一の重さで軽くしました。軽いのでレンズ側の支持がいらない。レンズ側の支持がいらないので現地で対象によっては50ミリに簡単に切り替えできる。

   CCDサイズが小さい(14X14mm)ですからあまりいいレンズでなくても良像の中央付近が使えれば。

4:極望を復活

   たかが35ミリですから適当でも問題有りませんが多少とも露光時間が延ばせるようにしました。

これで夏の対象を向かえ撃つ準備が整いました。重い機材を持参する必要がないので寒くても気軽に遠征できます。しかしもう1回くらいテスト撮影したいのですが晴れてくれません。20X20度の画角でどこを撮ろうか皮算用しながら計画中。

雲台部の角度メモリがモザイク撮影で役に立つと思います。緯度、経度両方あります。画角が確定されればメモリでずらすだけです。又、対象導入時も目立つ1,2等星を中央に入れそこから経度を何度ずらす、緯度を何度ずらすとか自信の持てない淡い対象の導入にも役立ちます。

|

« 遊びの続き | トップページ | 今年最後の遠征 »

「趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/286946/58356657

この記事へのトラックバック一覧です: 遊びの準備は整ったぜ:

« 遊びの続き | トップページ | 今年最後の遠征 »