« とりあえずオリオン座辺りを処理してみた | トップページ | あけましておめでとうございます »

2014年12月30日 (火)

一回目のモザイク合成

前回の画像でも判るように凄くフラットに苦労しています。結局、通常のフラット処理後CCD stack2のFlatten backgroundを使用して合わせました(低光害地ならこんなことは必要ない)。歪曲収差については周辺画像を切り取り(2047x2047を1970x1970に)してフォトショップCS6のPhotomergeの歪曲収差の補正にチェックを入れました。結果はOrion_aこんな感じになりました。ちょっと星がうるさい感じですが冬のお手軽撮影地の南知多としては合格。1画角辺り1時間20分で2面ですから2時間40分、4面なら5時間20分、夜の短い夏の天の川には厳しいか?なんて妄想しています。フルサイズ改造デジ1で撮影した方が早いですけどね。ポータブル赤道儀ですから軽量で歳に優しいし機動性もアップします。

追記:等倍で一部取り出しOrionリゲル右の魔女の横顔辺りを見るとS/N不足を感じます。F4で4分露光では短いか?

星の形があまり綺麗で無い原因は(輝星に絞りによる干渉角が出るのは覚悟していたが微光星も影響を受けるのでしょうか)。ただたんに画像処理が下手だから、又は元画像取得時にミスしているのか(極軸合わせが不十分)、このレンズでの限界か要検討。

|

« とりあえずオリオン座辺りを処理してみた | トップページ | あけましておめでとうございます »

「趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/286946/58422815

この記事へのトラックバック一覧です: 一回目のモザイク合成:

« とりあえずオリオン座辺りを処理してみた | トップページ | あけましておめでとうございます »