« 晴れないので調整作業 | トップページ | テスト撮影の夜のM51 »

2015年2月22日 (日)

光軸合わせ失敗

19日夜に調整の検証撮影。後から考えたらレデューサ入れたままは失敗でした。光軸3個をいじることになってしまいます。無理無理合わせた結果はフラット的には問題ないですが星像はひどいものでした。主鏡、副鏡、レデューサの3本の光軸を同時に合わせることになり無理がありました。まずは主鏡と副鏡を合わせてからレデューサを合わせるべきでした。ただレデューサレンズの入っているジャイアントイージーガイダは微調整機構を持たないのでなんらかの工夫が必要です。

当夜、星像が楕円になりバランスをいじったためのガイドミスか判断に迷いましたが逆にガイド的には改善するはずと考え間違っているのは光軸の方ではとフォーカスづらしの星を確認した所づれていてがっくり。しかたが無いので星を使用して光軸合わせしました。副鏡のネジを変更してないし裏に入っているOリングもへたっていて調整が難航。深夜2時頃までかかりました。そこから急いでファインダー合わせ、フォカス合わせ、ガイド合わせと準備してM51を撮影しました。

風が強いため撮影した19枚のL画像の内、使用できるものが11枚となりましたがなんとかコンポジット。通常だと長焦点をあきらめる風速でしたが結果が知りたくて撮影しました(でも透明度は良かった)。M51_l後程、カラー化します。

今回色々勉強になりました。

光軸は星像に大きく影響すること。

副鏡の調整ネジは手回しタイプに変えておくこと。

副鏡の後ろのOリングを新しいものに変えておくこと。

副鏡を外した状態で接眼部(ジャイアントイージーガイダー)と主鏡の対向を合わせておくこと。

最後にジャイアントイージーガイダー内のレデューサを合わせること(調整機構が無いので一番難しい)。

レーザーツールを使えば日中でもできそうなので月のある時期にトライしてみます。

|

« 晴れないので調整作業 | トップページ | テスト撮影の夜のM51 »

「趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/286946/59024005

この記事へのトラックバック一覧です: 光軸合わせ失敗:

« 晴れないので調整作業 | トップページ | テスト撮影の夜のM51 »