« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »

2015年4月26日 (日)

良い天気

低空の透明度は悪いものの晴れていましたが諸般の事情で遠征できずベランダでテスト撮影。

お手軽遠征用のポータブル赤道儀を強化していましたが強化後の撮影テストがまだでしたので光害のひどい自宅ベランダでテストしました。

機材の姿Photo①三脚をこれでもかと丈夫な物に。

②アングルマウントを微調の効く丈夫な物に。

③CD-1ポータブル赤道儀を着脱してセットできるようアリミゾ追加。

④一軸オートガイドができるようにDD-3コントローラに交換。

構想としては右側の北極星導入用ファインダー(使用後は取り外し)で大まかに極軸を合わせ、ガイド望遠鏡(上記写真ではアクセサリシューに付けてますが、もっと剛性の高い所へ付け替え予定、L型アングルに付けるとか)を使用してドリフト法で極軸を追い込む。105mmカメラレンズで5分以上が目標です。

結果、200ミリ程のガイド望遠鏡とDSI-PRO2カメラでは星の位置変化が少なくドリフト法では多少時間が掛かる(10分くらいしないと変化が判らない時もありどこまで追い込むべきか経験しかなさそう)。当地は強光害地なので飛んでしまう一歩手前のISO400,F4,40Sを10枚、間を開けて撮影して約30分分をコンポジット。等倍四隅と中央。Photo_2左下の変形した星がアンタレスでその右がM4です。画角は14度X20度くらいです。

F4でも周辺の星には厳しいようで、もう一段絞りたい所です。APS-Cなら問題なさそうですがフルサイズとなると敷居が高そうです。初の一軸ガイドですが実用に耐えます。200mmも試しても良いかも。後は赤物が写るカメラが欲しい。

重量:ポータブル赤道儀と自由雲台部    3.8K

    三脚と微調付きアングル台       3.6K

    D600カメラと105mmレンズ      2K

約10キロと年寄りには優しいシステムです。ポータブル赤道儀と言えども丈夫な足回りは必須です。風への対処にも成ります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年4月20日 (月)

M57リング星雲

こと座の有名なリング星雲です。明るいので眼視観望でも美しい姿が見えます。

赤外まで透過するIDAS-TYPE4フィルターですからL画像に多少なりとも花びらのような淡いガスの噴き出しが出るかなと期待したのですがまったく有りません。おまけに透明度不良のため近くの淡い銀河IC1296さえ出ません。M57

L:5分X18枚 RB:5分X7枚 G:5分X6枚 (RGBは2bin)

16日と18日の二晩分データーより。

二晩とも最後はHαを予定していましたが雲のため断念。

超新星爆発する程も質量の無い星の最後の姿です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2015年4月19日 (日)

次はM57を処理予定

今朝、雨のため車のワイパーを動かしたら黄色い汁が、どうやら低空の透明度の悪さをしているのは黄砂のようです。これじゃM57外側のひらひらが狙えるわけありません。L画像19枚コンポしても痕跡さえ写りませんでした。取りあえずL画像です。対象が小さいので中央等倍トリミングです。M57_l後は色を乗っけてみます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

NGC5248をカラー化してみました

活動銀河のようでバジル部の明るさが尋常ではないためデジタル現像が難しい。Ngc5248カラフルな2本の腕をもっと綺麗にだしたい所ですね。RGB各5分4枚では厳しいようです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年4月18日 (土)

ディープスカイNGC5248

昨晩は透明度は良くないものの晴れていたので長焦点撮影に常滑市の物置小屋に出かけました。暗い対象では歯が立たないだろうと比較的明るいうしかい座のNGC5248にしました。取りあえずL(輝度)画像を処理してみました。Ngc5248_lやはり周辺部のすごく淡い腕が写っていませんでした。

透明度が悪いとオフアキのガイド星も苦労します。なんとか10秒露光で見つかりましたがガイド精度は悪くなっています。透明度が悪ければ無理をしなくてもと思うのですが晴れていると勿体無くてつい。

自室の窓から三重の鈴鹿山系が見えない時は、ほぼ期待薄ですが、ひょっとしたら好転するかもと出かけてしまいます。

もう山に遠征しても大丈夫かな。この低空のもやの上に出れたら夏の天の川がまっているでしょうね。

取りあえず画像処理練習でカラー化までする予定です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年4月 2日 (木)

NGC4449りょうけん座の銀河

2月21日分と3月24日分を合わせています。2月21日はフィルターの停止位置不良で満足に撮影できていませんでした(マグネットセンサー基盤位置調整で治りました)。

L:5分16枚  R:5分8枚 G:5分9枚 B:5分8枚 RGBは2X2ビニング

合計:3時間25分露光Ngc4449a


不規則型矮小銀河で他の銀河の影響を受けたためか、凄い活発に星を生成しています。こういった派手目の銀河は好きで良く狙います。もっとマイナー銀河も、とも思いますが写欲が沸かない。色の出し方が下手なのにカラフルな銀河ばかりを狙ってしまいます。

追記:2013年4月にもこの対象を撮影していますがL画像としては以前の方が上でした。これはシーイング差と判断されます。ただ当時の画像処理が下手すぎて色がめためたでカラーでは残念な画像になってました。今さら過去画像を弄る気持ちは無いですが、いつかは完璧な作品を手に入れたいものです。2013年と2015年の合成でもいいのですがやっぱり生もの感がほしいので、これはしません。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年4月 1日 (水)

しし座の腹部にあるM96

M96M963月24日が特に風が強かったせいか星が楕円です。通常なら3メートル以下の風速でないと長焦点は撮影しないのですが歩留まりが悪くても晴れていたら撮影する気でいないと新月期が坊主で終わりますのでまあしょうがないです。

L:5分14枚  R:5分6枚  G:5分8枚  B:5分9枚 RGBはビニング(2X2)

トータル3時間5分

フラットは光害地の迷光のせいでうまく合わないのは判っているので同一露光時間で拡散板を入れて1枚だけ撮影して使用してます。ほぼご近所スカイフラットです。埃の侵入さえ気をつければこれが一番あいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »