« 次はM57を処理予定 | トップページ | 良い天気 »

2015年4月20日 (月)

M57リング星雲

こと座の有名なリング星雲です。明るいので眼視観望でも美しい姿が見えます。

赤外まで透過するIDAS-TYPE4フィルターですからL画像に多少なりとも花びらのような淡いガスの噴き出しが出るかなと期待したのですがまったく有りません。おまけに透明度不良のため近くの淡い銀河IC1296さえ出ません。M57

L:5分X18枚 RB:5分X7枚 G:5分X6枚 (RGBは2bin)

16日と18日の二晩分データーより。

二晩とも最後はHαを予定していましたが雲のため断念。

超新星爆発する程も質量の無い星の最後の姿です。

|

« 次はM57を処理予定 | トップページ | 良い天気 »

「趣味」カテゴリの記事

コメント

さすが、超焦点ですね。
FSQでは、写せない画像ですよね。

投稿: ひろG | 2015年4月21日 (火) 23時55分

ひろGさん、コメントありがとうございます。
残念ながら星と星雲は別々に処理してます。星はガイド流れを誤魔化すため肥大させて見苦しいと思います。
山へ遠征できる時を狙っているのですが天候がよくないですね。ひろGさんもじれていると思いますが良い天気を気長に待ちましょう。

投稿: エムティ | 2015年4月22日 (水) 07時37分

うーん・・これまで、自分が撮ってきた感じからすると、偽解像が出てる気がします・・
画像処理って、どうされているのでしょう・・?
と、いっても、昨今の複雑化した画像処理では、どこが悪いと指摘は出来ませんね・・

微光星のニジミ、肥大を見ると、ピントか、光軸か・・・撮影段階ですでに問題を抱えている様にも見えますが・・
使ったことがない機材なので、感想は軽くスルーしていただけるとありがたいです(かなり酔ってマスし)

投稿: uto | 2015年5月 8日 (金) 03時33分

utoさんには誤魔化しが効きませんね。
2日分の回転及び位置ずれした画像を無理やり合成してますからスタックミスしてる可能性が高いです像が二重になってるような気もします(現在は水準器取り付けしました)。光軸というより元画像はスケアリングずれのような画像となっています。天の川が上がってきたら明るい星の多い領域で光軸とスケアリングを調整予定です。今の所晴れてくれませんが。

投稿: エムティ | 2015年5月 8日 (金) 16時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/286946/59714474

この記事へのトラックバック一覧です: M57リング星雲:

« 次はM57を処理予定 | トップページ | 良い天気 »