« NGC4449りょうけん座の銀河 | トップページ | NGC5248をカラー化してみました »

2015年4月18日 (土)

ディープスカイNGC5248

昨晩は透明度は良くないものの晴れていたので長焦点撮影に常滑市の物置小屋に出かけました。暗い対象では歯が立たないだろうと比較的明るいうしかい座のNGC5248にしました。取りあえずL(輝度)画像を処理してみました。Ngc5248_lやはり周辺部のすごく淡い腕が写っていませんでした。

透明度が悪いとオフアキのガイド星も苦労します。なんとか10秒露光で見つかりましたがガイド精度は悪くなっています。透明度が悪ければ無理をしなくてもと思うのですが晴れていると勿体無くてつい。

自室の窓から三重の鈴鹿山系が見えない時は、ほぼ期待薄ですが、ひょっとしたら好転するかもと出かけてしまいます。

もう山に遠征しても大丈夫かな。この低空のもやの上に出れたら夏の天の川がまっているでしょうね。

取りあえず画像処理練習でカラー化までする予定です。

|

« NGC4449りょうけん座の銀河 | トップページ | NGC5248をカラー化してみました »

「趣味」カテゴリの記事

コメント

こちらも、久々の晴れでしたので、ニワトリで撮りました。
が、風もあったので、結果は・・・

本当はNJPの調整をやるべきなのでしょうが、セッティング調整も時間がかかるので、パスしちゃいました(そこまで気力が出なかったのも大きいですが・・)
NGC5248、ガイドエラーはちょっと残念ですが、でも、構造が良く出てますね。

投稿: uto | 2015年4月18日 (土) 15時10分

utoさんの所は海から離れているので海風はゆるいと思ってました。こりゃ庭にドームですね。
常滑は海風の強い所で中部国際空港の飛行機も時々欠航します。
調整と言っても昼間できるバランス調整と極軸調整だけでは。北極星が見えるならNJPの極軸調整は楽なもんですよ。
4秒くらいのガイド星露光なら問題無いですが10秒となると星が楕円ですね。ガイドエラーの主要因がミラーシフトですからそれに追従するスピードが必要です。
撮影中も銀河の構造が出そうだったので撮影は続行しました。多少上下左右に振って明るいガイド星を探した方が良かったかな。

投稿: エムティ | 2015年4月18日 (土) 16時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/286946/59685149

この記事へのトラックバック一覧です: ディープスカイNGC5248:

« NGC4449りょうけん座の銀河 | トップページ | NGC5248をカラー化してみました »