« 平谷へのテスト遠征で見つかった不具合への対処 | トップページ | 新アイテムを手にいれました。 »

2015年5月27日 (水)

PHD2のドリフトアライメントを練習しました

昨晩は遠征に出れば2時間くらい撮影できそうでしたが、色々な事情によりでかけられませんでした。折角の晴れがもったいないと思い、ドリフト法の練習にあてました。

凄く便利な機能だと感心してしまいました。短時間で極軸出しが可能です。ベランダ設置して最初はこんな感じです。Phd2_aまずは東西南北の確認とズレ方向の確認です。天頂付近の星で方位の調整です。すぐ画像の赤線のように明瞭に判ります。下方向に赤線が行くように大胆に調整ネジを回して極軸を西に回します。そうすると下図のように下側に向かう線が出ます。これは行き過ぎたことを表しますので真ん中方向になるよう戻します。Phd2_b


Phd2_これくらいになったら高度調整側に移ります。

方位、高度を繰り返して調整するのですが200mm以下の望遠なら適当でもよさそうです。

調整時凄くTrendlinesの赤破線が役に立ちます。E最後は僅かな調整ネジの締め付け具合で変化します。

練習中に調整ノブの回転具合が判らず苦労しました(1分くらい様子を見ていると前回どちらに回したか忘れる時があります--ボケか?)。そこで急遽目印をツマミに貼り付けました。Phd2__2その後、こんな光害のひどいベランダでテスト試写してみました。Phd2__3200mmくらいは軽くクリアーするはずですから800mmに挑戦してみました。さすがにこの焦点距離では1分をクリアーできませんでした。ISO3200/20秒40枚コンポジットしてみました。強光害地でのM8です。AさすがにフルサイズM21の散開星団まで入ります。ノーマルD600ですので赤の出が良くないですが赤の写るカメラで遠征で撮ってみたいです(明日発売のカメラとか)。BM8部等倍。光害でバックカブリが酷いですね。

ポータブル赤道儀の極軸出しは短時間でできそうです(100mm以下で撮影するなら数十分で良さそう)。短焦点ならファインダガイド望遠鏡に北極星を入れるだけで良さそうですね。

機動力をアップしましたので短時間しかチャンスがない時でも遠征できそうです。楽しみでワクワクします。新兵器の出荷案内が来たし。

|

« 平谷へのテスト遠征で見つかった不具合への対処 | トップページ | 新アイテムを手にいれました。 »

「趣味」カテゴリの記事

コメント

おぉ、ポタ赤で、800mmいけますか!望遠鏡?ミラーレンズ?
ミラーレンズなら、Kenko500mmF6.3なんか、どうでしょうか?
http://kakaku.com/item/10501112047/

これ、性能ええですよ。
http://oozoradigital.web.fc2.com/sakugo/Kenko500mm/KenkoMirror.htm

投稿: uto | 2015年5月28日 (木) 18時50分

utoさん、わかっちゃいました。
軽量ガイド望遠鏡にしようとしたKenko800mmなんです(取り付け金具を作るのが面倒で放置していたものです)。軽量なんでこんな遊びもできます。500mmなら楽勝ですね。ポータブル赤道儀の1軸オートガイドで活躍できますね。無限遠の対象ですからリングぼけも関係ないですし。色ズレによるパープルフリンジも出ませんから。
でも導入には苦労します短い焦点レンズで試写して中央にしてからレンズ交換で導入しますのでフォーカス合わせが大変。もう少しライブビューで見えてくれたら。

投稿: エムティ | 2015年5月28日 (木) 19時26分

Phd2 の グラフ表示で、赤青のラインが表示されません。
何の設定がまずいか教えてくださいませんか?
ガイド星は写っているのですが。ドリフトにチェック入れてもグラフに線が反映されません。

投稿: 花松正寛 | 2017年1月31日 (火) 15時53分

北極星が見えないベラんでの天体望遠鏡撮影を目指しています。
PHD2でドリフト法習得に悪戦苦闘しています。
グラフに赤青のラインが映りません。
どなたか何がまずいか教えてくれませんでしょうか?

投稿: 花松 | 2017年1月31日 (火) 15時59分

北極星が見えないベラんでの天体望遠鏡撮影を目指しています。
PHD2でドリフト法習得に悪戦苦闘しています。
グラフに赤青のラインが映りません。
どなたか何がまずいか教えてくれませんでしょうか?

投稿: 花松 | 2017年1月31日 (火) 16時00分

花松様、気づくのが遅すぎましたので解決したかもしれませんが多分グラフ上に赤青のトレンドラインが出ないということでしたら、履歴グラフ表示部左側のトレンドラインのチェックボックスがオンになっていないと思われます。調整時注目するのは赤線の赤緯側だけですよ、慣れれば数十分で合わせられます。

投稿: エムティ | 2017年1月31日 (火) 21時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/286946/60157286

この記事へのトラックバック一覧です: PHD2のドリフトアライメントを練習しました:

« 平谷へのテスト遠征で見つかった不具合への対処 | トップページ | 新アイテムを手にいれました。 »