« 新アイテムを手にいれました。 | トップページ | D810Aのダークノイズ »

2015年5月30日 (土)

遠州天体写真愛好会の展示会にでかけました

本日から始まる、遠天さんの写真展「星空浪漫」を見に行ってきました。A夜間にこんな晴れだったら、というような快晴でした。一番乗りを目指しました。

中には100点近い力作が展示されていました。B


Cそれぞれ個性の有る表現をされていました。遠天さん独特の展示方法で同一対象を同じ並びに展示されていて機材差、画像処理差が比較できます。色合いの好みとか諧調の割り振り方とか個人差が出るものだと思いました。どれがベストと言い切れないです。

その中で私的に気に入ったのが昇る月、星の舞い降りた夜、雲海の夜、ペルセウス座~おうし座の分子雲等です。題名だけではどんな作品か判らないですが、作品の前面ガラスの反射でうまく写真が撮れませんでした。一応雲海の夜という作品は。Dこんなのを狙って撮りに行くなんて信じられません。星野しか撮影しない私としては、え、なぜ、どうしてこれが狙えるの、という感じです。過去にこういった場面に遭遇した蓄積があるからなのでしょうね。

すごく勉強になった展示会でした。

|

« 新アイテムを手にいれました。 | トップページ | D810Aのダークノイズ »

「趣味」カテゴリの記事

コメント

私も昨日行ってきました。
また、今年もすれ違いになってしまって残念です。
今年も、バリエーションたっぷりの写真がありましたね。
この写真は、私も同じことを考えました。こんな情景を狙っていること自体が凄いです。
他にも、着眼点そのものに驚くものが複数ありますので、本当に刺激になる写真展ですね。
中天の写真展はまだ、いけるか微妙です。行けるとしたら11日の予定です。

投稿: いーぐる | 2015年5月31日 (日) 09時57分

いーぐるさんとはすれ違いでしたね。
ほんの30分くらいの差かと思いますが残念です。
畳平の作品といいウユニ塩湖の作品といい、すごく刺激されました。
ちょっと豊橋の中天写真展は遠いですからね。一応、連日在館している予定ですので会えるといいですね。

投稿: エムティ | 2015年5月31日 (日) 10時16分

遠いところから、ご来場いただき、ありがとうございました。
当番のボクより早いなんて!(汗)

機材、画像処理まで含めると、天体写真は自由だ!と、いうのが本当に良く判りますね。
一般の人にとっては同じテイストの写真が並ぶので、どうかなー・・と個人的には思う処もありますが(1度だけボクの我儘で展示順を変えたことあり・・3年前だったかな・・)
こうも味付けが変わる写真が並ぶと逆に、面白みが出てきますね。

Y田さんの星景写真はどれも素晴らしく、また作品にかける強い想いが感じますね。
デジカメのみなさんは、透明感あるふるる写真やシャープな写真が多く、自分のが、絵に見えてきちゃう・・。
もう少し、みなさんを見習っていかないといけないなぁ・・と改めて感じます。

投稿: uto | 2015年6月 1日 (月) 22時56分

utoさん、以外と磐田市が近かったものですから(時間距離でいくと1時間半、遠征地より近い)。
確かに一般写真的に見る人には同じ対象が連続するのはじっくり見てもらえない気がします。でも天体写真好きには比較評価しやすく面白いです。どちらを撮るか、ですね。
やはり星景は魅力があります。一応それに負けない星野を目指して努力しているつもりですが銀河は強調するあまり絵みたいになってしまいますね。どうすればいいのでしょうか。バックをニュートラルで無く濃紺に振るとか、夜光に近づけるとか、工夫が必要かな?

投稿: エムティ | 2015年6月 2日 (火) 07時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/286946/60193746

この記事へのトラックバック一覧です: 遠州天体写真愛好会の展示会にでかけました:

« 新アイテムを手にいれました。 | トップページ | D810Aのダークノイズ »