« ネタ不足の為、更新が止まってました | トップページ | M45画像の再処理 »

2015年8月18日 (火)

土曜の夜のD810Aの成果

画像処理と言うほどの処理ではありませんが、お手軽に処理してみました。本当にD810Aは素直な画像を出します。

現地のモニターを見た限りはノイズ引きの必要性を感じませんでしたが我同好会のTMさんにダーク有り無しの比較をしてよということで比較してみましたが変化無しでダーク減算が無駄に思えるくらい違いは有りません。結論から言うと無理してダークを引く必要が無いです。それより直焦点時FSQ106ED+QE0.73のフラットの方が重要です。小さい径のマウントの為か多少複雑なフラットとなります。今回はカメラレンズ使用で絞ったものは影響が無いですが直焦点の物はトリミングして逃げました。

まずは24mm/ISO1600/F4/5分/4枚Photoカメラの液晶モニターに赤い星雲が出た時は嬉しかったです。ノーマルカメラのD810Aを手にいれて良かったと思った瞬間です。

105mm/ISO1600/F5/5分/4枚Photo_2385mm/ISO1600/F3.6/5分/8枚

M31 アンロドメダ大銀河です。多少フォーカスずれしていたようです。M31385mm/ISO1600/F3.6/5分/6枚

ひさしぶりに撮影したカリフォルニア星雲ですNGC1499。Ngc1499385mm/ISO1600/F3.6/5分/12枚

ゴーストチェックがわりに撮影したくなったM45「すばる」です。秋の涼しさを運んでくるような色です。M45この対象は分子雲を出そうとすると爽やかさが失われる感じがします。今回はレースのような流れの線を残すようにしました。

ほぼレベル調整とトーンカーブをいじるだけの簡単処理です。

さすがにメモリー不足かM45のコンポジットに手間取りました。ステライメージでは時間が掛かるためCCDSTACK2を使用しました。40.5MBの画像12枚の処理は私の画像処理マシンではきついようです。

|

« ネタ不足の為、更新が止まってました | トップページ | M45画像の再処理 »

「趣味」カテゴリの記事

コメント

D810A、素晴らしい性能ですね!
こりゃ、撮影が楽しくなりますね~。

手軽で(冷却CCDよりは)、良く写る。文句なしですねぇ。いいなぁ、

投稿: uto | 2015年8月18日 (火) 18時14分

utoさん、いいですよ。冷却CCDより歩留まりが上がりますから。でも星の色に関しては冷却CCDの方が輝きますから対象に合わせて使用が良いと思います。系外等は冷却CCDの方が良いと感じます。散光星雲はこのカメラという使用でしょうか。
本当に地上の景色を撮影している感覚で楽しいです。

投稿: エムティ | 2015年8月18日 (火) 18時44分

現地で、液晶モニター画像をみせてもらうのを忘れていました。今度、見せてください。キャノン党ですが、浮気しようかなと、思ってしまいそうです。

投稿: ひろG | 2015年8月19日 (水) 21時55分

ひろGさん、こんばんは。
ぜひノーマルカメラのモニター画面を見てほしかったです。即、ニコン党になってたことでしょう。前の記事画像がそのまま出てます。こうなって来るとひろGさんのように良いレンズが欲しくなります。

投稿: エムティ | 2015年8月19日 (水) 22時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/286946/61225027

この記事へのトラックバック一覧です: 土曜の夜のD810Aの成果:

« ネタ不足の為、更新が止まってました | トップページ | M45画像の再処理 »