« カリフォルニア星雲NGC1499の再処理 | トップページ | 昨晩のトラブル記 »

2015年8月22日 (土)

フラット考察(FSQ106+QE0.73とD810A)

ミラーボックスによるけられかフラットが決まらずどうしてか悩んでます。

画像を見ていただくと判りますが上下の影がなんのせいかよくわかりません。Photo淡い部分を抽出しようとすれば余計目立ちます。影響の無い部分だけ切り取った方が良さそう。画素数が大きいから多少のロスは目をつぶります。

|

« カリフォルニア星雲NGC1499の再処理 | トップページ | 昨晩のトラブル記 »

「趣味」カテゴリの記事

コメント

上下のけられはミラーボックスのせいだと思いますが・・
比較的、素直なので、Psでグラデーションマスク等、対処方法を検討された方が良いかもしれません。

投稿: uto | 2015年8月24日 (月) 00時40分

やはりミラーボックスのせいですよね。過修正ぎみにするとか色々試してみます。
埃が侵入しなければグラデーションマスクですます手もありますね。
周辺の影を見ると中心を外している気がします。スケアリングと合わせて検討します。

投稿: エムティ | 2015年8月24日 (月) 15時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/286946/61277396

この記事へのトラックバック一覧です: フラット考察(FSQ106+QE0.73とD810A):

« カリフォルニア星雲NGC1499の再処理 | トップページ | 昨晩のトラブル記 »