« 大失敗して無かったことにしたかった | トップページ | 中途半端な画角 »

2015年9月22日 (火)

D810Aは良いカメラだ

ガイド鏡忘れで短焦点(105mm)で撮影することになりました。取りあえず捨てずに処理してみました。Photoこんな所やPhoto_2こんな所です。上はPSでトーンカーブとレベル調整で処理。下はSI7でデジタル現像使用。

両者共105mmでは物足らないです。200mmくらいが丁度良さそうです。FSQ+QE0.73の385mmでは長すぎる感じでモザイク必須になりそうです。

表題のD810Aが良いと感じた訳は、日曜に妻の通っている乗馬クラブにてカドリールの大会を動画撮影したのですが問題無く撮影できました。天文趣味の世界以外にも活躍でき購入にも家庭内稟議が通りやすいと感じました。

ちなみに上記2枚画像はダークノイズ処理していません。

105mm/F5/ISO3200/3分露光/20枚コンポジットです。CCDSTACK2でも私のPCでは時間がかかります、位置合わせ10分加算平均20分くらいです。

200mm相当くらいにトリミングしてみました。Ic1805_200mmもう一つはIc405_200mm
こうして見ると200~250mmくらいの良レンズが欲しくなります。個々に撮影する迫力はなくなりますが星野としての雰囲気は出て良いかな。それともFSQによる2面モザイクか。撮影機会の少ない昨今モザイクは非効率かな。ひろGさんのようにツインシステムができればいいのでしょうが、そんな予算は無いし。

画像を見ると彩度を強調したせいで青ハローが強くでてしまいました。これくらいならPSの青ハロー低減でなんとかなるでしょう。

カメラの進歩で簡易赤道儀でもこんな感じで撮影を楽しめるということですね。いい時代です。天候だけは残念ですが。

|

« 大失敗して無かったことにしたかった | トップページ | 中途半端な画角 »

「趣味」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。前の御記事で

>ガイド望遠鏡を忘れて来てしまいました

に爆笑しつつワクワクして?読み進みましたが何の事は無い、キッチリ成果を上げられていらっしゃるじゃないですかぁ、、、ちょっとガッカリしている性格の悪い私です(ごめんなさいcoldsweats01

それにしても写真に撮ると、こんなに沢山の星があるのですね!改めて驚きます。

投稿: k | 2015年9月22日 (火) 08時41分

kさんご訪問ありがとうございます。
期待外れで申し訳ありません。でも現地で必死にどうしようと(坊主はいやだ)無い知恵を絞りましたよ。
「他人の不幸は蜜の味」と言いますものね。だからワイドショーを皆が見るわけですから正常反応です。
kさんの撮影しない天の川銀河円盤方向ですから星一杯はなれて無いですね。

投稿: エムティ | 2015年9月22日 (火) 13時39分

ほんと、いいカメラですね。
みんな使われているので、なんとか我慢してますが(笑)

天の川の星の色の違いが綺麗です。
暗黒帯も。
こういう写真も撮りに行きたいなぁ・・。

冷却CCDだと、撮影中、いかにもデータを取り込んでます!という感じですが、デジカメの背面液晶を写っているカナ?と覗いて見る時のワクワク感。
やっぱり、星空を楽しむならデジカメだなぁーと思います。

投稿: uto | 2015年9月22日 (火) 23時03分

utoさんのどたばた記には完全に負けてます。
もう私も歳ですから我慢してもしょうがないですから。フルサイズ冷却CCDよりずいぶんお安いですからいかがですか。
今回は、失態でカメラレンズのチョイスが悪かったのが残念です、そのため微光星まで主張しすぎてしまいました。
試写の一枚目はチェックしてますが景色を写しているようにバックモニターに星雲星団が写るのは気持ちがいいですよ。改造カメラの赤い画像ではありませんから。
後処理もすごく楽です。

投稿: エムティ | 2015年9月23日 (水) 07時41分

本当にいいカメラですね。私のようなデジタル初心者には、後処理が楽な方が、撮影スタイルの良しあしより、重要なのが、最近、痛切に感じています。ツインに惹かれましたが、楽観視に若干後悔気味です。
6D2台とD810Aが同価格位ですから。
ダークなしですか! 夜半から10度C前後でしたが、ISO3200でノイズがわからないのは、やはり低ノイズの評判通りなんですね。
でもいまさらなんで、これで頑張ります。

投稿: ひろG | 2015年9月23日 (水) 14時15分

ひろGさんのツインシステムの方が美味しいですよ(画像処理的には面倒ですが)限りの有る時間で星空をいかに効率よく撮影するかですから羨ましいです。
でも高いといってもひろGさんの使用しているレンズも入れて考えなければです。
本気の時だけダーク&フラットをしようかと考えてます。短焦点ならまったく判りませんけどね。

投稿: エムティ | 2015年9月23日 (水) 21時23分

本当に良いカメラのようですね。多くの方が、このカメラを購入されるのがよく判ります。
遠征に行くと、PC画面ばかり見ていて、星空をほとんど見ていないなんてことが過去にあったので、遠征ではできるだけ簡単に撮影して、観望も楽しみたいとい思いが強くなっています。だから、「景色を写しているようにバックモニターに星雲星団が写るのは気持ちがいいですよ。」のコメントに凄く惹かれます。
250mmフルサイズ対応のリーズナブルな価格のレンズ、やっぱり欲しいですが、手ごろなモノがないですね。シグマあたりが出してくれませんかね。

投稿: いーぐる | 2015年9月25日 (金) 07時03分

いーぐるさん、おはようございます。
これだけ天候が悪いとリハビリ撮影になる確率が高くPCに向き合う時間が多くなってしまいますよね。余裕の短焦点ノーマルカメラ撮影ですから観望の時間も取れて楽しいですよ。おおよその結果も直ぐバックモニターで確認できますし出来上がりに思いをはせることも可能です。
200mm~250mmのいいレンズほしいですよね。冬の対象には丁度いい感じです。撮影する時どうしても一般公開の写真展を意識してしまい、それに合う画角はと。

投稿: エムティ | 2015年9月25日 (金) 07時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/286946/61713215

この記事へのトラックバック一覧です: D810Aは良いカメラだ:

« 大失敗して無かったことにしたかった | トップページ | 中途半端な画角 »