« フラット考察(FSQ106+QE0.73とD810A) | トップページ | 11日の曇るまで撮影していた対象IC1805 »

2015年9月12日 (土)

昨晩のトラブル記

昨晩11日夜に平谷まで行ってきました。満足な撮影にならずトラブルだらけ、1時頃ガスの中で結局撤収でした。

まずはオートガイドの接続が認識できず。

 USB-RS232C変換ケーブルはBUSパワーが少ないと時々認識できなくなるようです。いままでPCにはガイドカメラのDSI PRO2を外部給電付のUSB HUBから給電していたのをデジタルカメラに変えたことによりUSB接続端子が余ったのでPCからの直接給電に切り替えたのが悪さしたようです。PC立ち上げ時は認識したのに、使用しようとするとNGを何度か繰り返しました。対策としてはよけいですが以前のUSB HUBを使用するか余りのUSB端子から補助給電する二股ケーブルを使用するかです。

次はPCの電源が途中で落ちてしまった。

 原因はバッテリーからの給電に自動車のカープラグを使用しているため。メス側コネクターの接触不良。以前から調子悪いと認識していたのですが直してなかった。アウトドアで使用していますから錆びたりして劣化しますね。

次は自動導入ソフトをSUPER STARを4から5に変更したのですが微妙な画角調整に使用していたクリック位置に移動させるという動作がうまく行かず悩んでしまいました。結局、時間ばかり食ってしまうので4で実行しました。自宅でシュミレーション動作の練習をしておくべきでした。

おまけにヘッドランプの電池も少なくなり交換したり。時間はどんどん過ぎて行きやっと撮影開始が23時頃となってしまいました。

3時間くらいを無駄にしました。

懸案で有ったFSQ106EDとD810Aカメラのスケアリングの件は接眼部の押さえ板の締め付け不良のようでした。以前ある程度のテンションで締めたはずの6角ネジが緩んでました。輸送中に緩んだようです。ピント調整できない程締め付けてはいけないし微妙な所です。Photo
偏りは無いと思いますがフルサイズでの周辺星像は厳しいですね。ようやく皆さんが高い645レデューサを導入するのが判りました。私はそんな高額なのは買えませんからトリミングで逃げます。広い画角が必要ならモザイクします。

結局、1時には霧(雲)の中。naokiさんねじりんぼさんお疲れ様でした。

毎回、毎回トラブル続きです。天候が良くないため撮影回数が少ないのでなかなか前に進めません。

|

« フラット考察(FSQ106+QE0.73とD810A) | トップページ | 11日の曇るまで撮影していた対象IC1805 »

「趣味」カテゴリの記事

コメント

エムティさん
すみません。遠征結果は、こちらに載せていたのですね。
金曜は仕事で、早く帰宅できなかったのであきらめていましたが、空がいい感じだったので残念で仕方ありませんでした。
スーパースターは初期トラブルが、あるみたいですね。私のは、4でもモザイクがうまくいかないで、Ⅴでなんとかしないといけないのでテストが心配です。
それとFSQのネジの件、私も思い当たる事がまだ解決できていないので、今後、教えてください。

投稿: ひろG | 2015年9月13日 (日) 10時03分

そう残念ということもありませんよ。シーイングは安定していましたが夜半すぎに曇られましたから。スーパースターは自宅でのシュミレションが必要でした。現地でテストではなく自宅で昼まに操作習熟が良いです。
645レデューサ使いのひろGさんが羨ましいです。当初フルサイズカメラを手に入れる予定が無かったので考慮外でした。

投稿: エムティ | 2015年9月13日 (日) 13時19分

遠征、お疲れ様です。
周方向が均等に流れているので、もしかしたら、バックフォーカスを1、2mm伸ばすスペーサを入れると星像がより良くなるかも・・
フルサイズは難しいですよねー。
でも、良い機材だときちんと、対応するとちゃんと応えてくれますから、試行錯誤もやりがいがあると思います。

投稿: uto | 2015年9月13日 (日) 15時32分

遠征に出れないutoさんには申し訳ないです。
バックフォーカスの追い込みをやらないとだめですかね。1、2mmは大きすぎでしょう。取りあえず0.3mm増やしてみたので改善されるようなら最適値を見つけてみます。
晴れが連続してくれれば試行錯誤も楽なのですが。

投稿: エムティ | 2015年9月13日 (日) 18時42分

うーん、シビアーと言われているCCAでも、0.5mmのバックフォーカスで変化が判るということだったと思いましたから・・
0.3mmでは変化が分かり難いかも?
ただ、NFD328だと確かに、0.5mm単位でも違いが出る(フィルタ厚が違うフィルタを入れると星像が変わる)ので、なんとも・・ですね。
でも、変化を見るなら、まず厚いものから変えていって、行き過ぎを確認したら、また戻る、の方が、最終的には早いハズ。

投稿: uto | 2015年9月14日 (月) 09時21分

手持ちに内径50mm又は55mm径のスペースリングが無かったものですから。
厚さを3種類くらいの物を造ってみます。
0.1/0.2/0.3/0.5くらいあれば良いかな。
確かにカメラレンズとCCDの時は0.2くらいでも大きく変化してました。
カタログを見ると35mm判フルサイズの四隅で全色40μmに収まるそうです。で、カメラのセンサー素子が約5μですから8素子分は許容範囲内のようです。
改善されるようなら嬉しいのですが。

投稿: エムティ | 2015年9月14日 (月) 11時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/286946/61582783

この記事へのトラックバック一覧です: 昨晩のトラブル記:

« フラット考察(FSQ106+QE0.73とD810A) | トップページ | 11日の曇るまで撮影していた対象IC1805 »