« 朝の惑星集合 | トップページ | わーフルサイズって広い範囲が撮れるんだ »

2015年10月14日 (水)

遠征で確認したかった事

以前、FSQ106ED+QE0.73+D810Aで撮影した時周辺星像が凄くひどかったことの対策検証をしたかった。utoさんよりフランジバックが合っていないのではと指摘が有り自宅で遠方の街灯等で検証していた所0.3mm追加が一番良さそうだった。それを実際の星空で試したかったのです。結果は。Photo_4コマ収差は少なくなりました。

検証のため撮影した所はM52やシャボン玉星雲の辺りです。M52ISO1600/5分/8枚

周辺減光の強さはどうしようもありませんがカットする周辺部は少なくすみそうです。utoさんありがとう。純性品の組み合わせですからフランジバックは疑ってませんでした。メーカー製だとしても製品の個々のばらつきは有ると思うのでベストが出せるよう調整は必要です。

|

« 朝の惑星集合 | トップページ | わーフルサイズって広い範囲が撮れるんだ »

「趣味」カテゴリの記事

コメント

おー、星像改善した様で良かったですね!
やっぱり高性能な望遠鏡だと、きちんとチューニングしてあげると、より良い結果が出ますね!お見事です!!

それにしても、0.3mmかぁ・・GENTAさんのところでも思いましたが、思っていた以上にシビアですね~。

うーん、ホントはニュートンもそうなんだろうなぁ・・。
オライオンだと、ちょっと試そうという気になりませんが(他が雑いので、フランジより光軸、たわみが問題・・)、イプシロン200は本当はもっと調整を追い込めば、もっといい結果が出るんだろうなぁ・・と、反省。
でも、なかなか、そこまでやれてません、、(^^ゞ

投稿: uto | 2015年10月15日 (木) 16時20分

utoさんに指摘されなければこんなもんだと諦めていた所です。
ニュートンは大きい分変形が気になってきますね。イプシロンも短焦点ですからチューニングはより厳しいでしょうね。シャープな星像が持ち味なのにそれが出せないのは悔しいですね。
今回の場合無限遠と思われる遠い街灯とバーチノフマスクで変化が判りましたから自宅で追い込めましたが(中央と端の干渉ヒゲのでかたに注目しました)遠征先の暗闇では無理っぽいです。小さいネジを締めたり緩めたり、面倒ですよ。

投稿: エムティ | 2015年10月15日 (木) 18時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/286946/62044547

この記事へのトラックバック一覧です: 遠征で確認したかった事:

« 朝の惑星集合 | トップページ | わーフルサイズって広い範囲が撮れるんだ »