« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »

2015年11月30日 (月)

早く起きたのに

噂のカタリナ彗星を撮影しようと早く起きたのですが。

昨晩のGPV天気予報では朝方快晴のはずでしたがまてどくらせど薄雲の状態から変化しませんでした。位置が確認できないため、おとめ座のκ星を中心とすればなんとか写るのではと、雲の薄くなるタイミングを見計らいシャッターを切ってみました。

なんとか端にひかかりました。C_2013_us10_catalina_2015_11_30C/2013 US10 Catalina彗星の部分の切り出し。C_2013_us10_catalina_2015_11_30_a機会が有ればまた再挑戦したいけれど、晴れて透明度抜群でないと。

ISO400 10秒を3枚コンポジット(5時32分~34分)

FSQ106ED+0.6QE+D810A

SE2赤動儀で室内から(寒いもの)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年11月25日 (水)

BORG 55FLの画像処理が雑すぎる感じがして再処理

55FL+0.8xDGQの性格が少し判明してきたのでそれに合わせて処理。中央では青色のフリンジで周辺では赤色のフリンジが出ます。今回は周辺を捨て良像の部分だけを処理してみました。フリンジ以外は凄くシャープに思います。Photo_4画像がちいさくて判りづらいと思うので等倍画像2枚。Photo_2Photo_3いかがでしょう。青い星のフリンジが酷いです。でもシャープに撮れていると思います。全体画像をフォトショップのフリンジ低減した物と差し替えました。

ポータブル赤道儀の1軸ガイドで運用しようとB5ノートにPHD2を入れようとしたらWIN8.1ではUSB-RS232Cケーブルが認識してくれないトラブルに合い急遽対応変換ケーブルに交換(いつもは車なので重いノートでも良いかとVISTAのA4ノートを使用)。これでスーツケースに入れて撮影旅行も可能になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月21日 (土)

残務整理のIC348辺り

後日撮影の参考になればと残り画像を処理しています。IC348辺りです。上右にNGC1333があります。この辺りの分子雲は暗いです。Ic348IC348からNGC1333辺りまで300mmくらいで狙うのも良いかも。こうやって残り画像を処理して行けば次のターゲット候補が見つかります。

追記:ヒアデス星団辺りAヒアデス星団の回りも分子雲が残ってます。ここら辺りの分子雲は淡いしヒアデス星団の色を残しながらの処理となりますので敷居は高そうです。

本日外周の星の赤フリンジがなんとかならないかと思って試してみました。周側でフォーカス合わせしたら案外行けそうな感触です。フローライトレンズは温度に敏感なようでフォーカスがずれてくると余計フリンジが増えてくるようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

55FL+0.8xDGQの実質ファーストライトM45

M45プレアデス星団は鏡筒テストには欠かせないということで機材設営後最初に撮影しました。M45低空からの撮影ですのでカブリが酷かったです。端の星が赤くなるのを防止するため2X2ソフトビニングで処理しました。ISO1600/露光5分/10枚/D810A。

使用した観想ですがお手軽の癖に優秀です。今回はポータブル赤道儀ではありませんがポータブル赤道儀に変えれば年寄りでもフットワークよく遠征に出かけられます。腰に爆弾を抱える身としてこの軽量さは助かります。

追記:周辺の星の赤フリンジが気になりカットしてBの彩度を上げてみました。M45aこの方がスッキリしますね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2015年11月20日 (金)

フラットの件で苦労してます

ギブアップ寸前。初の機材の組み合わせで多枚数モザイクを狙うことじたい間違ってました。

中央付近の星像は文句なしですが、端がどうしても赤フリンジでかぶったように見えます。考察した所、どうもD810aの素子が小さいため色収差を強調しているのではと考えました。

とりあえず画像にソフトビニングを掛けてみました。で、無理やりくっ付けてみました。Photoひどい状態ですね。でも1枚1枚丁寧にフラットにしていけば繋がるかな?根気が無いのでとり合えず封印です。

絞りを入れてF5くらいにした方がフリンジも減り周辺減光も軽減されるためモザイクには良さそうですね。でもA4サイズ印刷ならソフトビニング画像処理でも十分です。

上記画像におうし座分子雲が写ってます。この部分のみ300mmくらいで狙っても面白そうです。抜き出すと。Photo_3大きな分子雲ですね。また撮りたいな。

追記:丁寧に処理してもどうしようも無いのが判明。

フローライトレンズは温度変化に弱いのか微妙に星の大きさが変化していました。モザイクすると繋ぎ目の星が良く判ります。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2015年11月18日 (水)

多段階露光してみたM42

相変わらずフラットが決まりません彩度を上げてゆくと最周辺の色がおかしくなります。結局上下切り取りました。M42_4x415秒X10/30秒X10/60秒X10/120秒X10/240秒X5  57分30秒

淡い部分まで出すつもりなら4分露光をもっと多く撮れば良かったです。

120秒露光くらいで押さえた画像が昔のフイルム写真に近いです。好みの分かれる所ですね。M78も入るなら少し東に寄せれば良かった。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2015年11月17日 (火)

フラットが決まらない

暫定で一番簡単な画像処理の物を公開します。上下の端のフラットが決まりませんのでトリミングで逃げました。元画像を4X4ビニング。Ic2177


5分露光8枚コンポジット。

いっかくじゅう座のM50と冬のわし星雲IC2177とNGC2359ダック星雲です。

一部を等倍で表示。Ic2177_2端の星像が多少流れていますが(上のM50)全体として見れば気にならない程度です。

強くではないですがフリンジが出ます。まあ私的には合格レベルです。

使用アイテムはBORGの55FL+0.8xDGQ55でした。13日に発売された新レデューサを使用しました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2015年11月16日 (月)

昨晩11/15日曜日に平谷に遠征いたしました

GPVで一晩中晴れそうな予報でしたので新アイテムのテストを兼ねて遠征しました。新アイテムはポータブル赤道儀でも行けそうでしたが風が強くなる予感がして下半身を重量級の普通の赤道儀としました。まだフラットを撮って無いため画像処理はしておりません。画像処理が難しく無い物を処理してみました。Photo新アイテムで10秒露光したカノープスです。右端は愛知県の高峰である茶臼山です、その後方の光害源は地図から推測すると浜松です。赤道儀に乗っけたまま撮ってますので画像回転させトリミングしています。

他の画像は無謀にもモザイクや多段露光していますので時間が掛かりそうです。期待せずにお待ちください。なんにも加工していないJPEG画像。Photo_2ISO1600/4分露光。

ひさしぶりに星空を堪能いたしました。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2015年11月13日 (金)

本日入手のアイテムテスト

曇り空ですので星ではテスト不可です。そこでバーチノフマスクを付けて地上の街灯などを色々撮影。200mmtest200mmのニューアイテムです。こうして見ると右下側が多少スケアリングがずれているようです。カメラをL型ブラケットで固定しての撮影で鏡筒にはサポートは有りません。縦横変えてみましたが変化は見られないのでマウントや筒のたわみでは無いようです。軽い筒ですからカメラ側の固定だけでも問題無いようです。実写ではどれくらいの影響になるのでしょうか。早く撮ってみたい。

11日の惑星集合上(木星)中間(火星)下(金星)です。木星の左の明るい星はしし座のデネボラです。すがすがしい明るさで薄明中の西空に見えてます。2015_11_11同一朝の日の出Photoこれでも1/8000ですが飛んでます。やはり減光しないとうまく撮れないですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月11日 (水)

C14整備の続き

昨晩は山へ遠征しようかとGPVとにらめっこしていましたが三河北部の雲が取れそうに無かった。せっかく平野は新月期の晴れということで再度C14の整備に挑戦しました。昨晩は光害地にもかかわらず6等星まで見えるような透明度の良い夜でした。シーイングも安定してそれなりぐらいには調整できました。赤道儀の自動導入ソフトのスーパースター5の使用方法に悩みながらなんとかテスト撮影。変わり栄えのしないM1です。M1中央部等倍です。処理が下手すぎて赤の高輝度部の濃淡が消えてます。輝度画像とカラー画像のデジタル現像が合ってないようです。

RGB:5分(2X2)4枚  L:5分16枚 C14シュミカセ(約2000mm)

ガイドも安定して星像もまあまあです。

上の画像では出てませんが周辺星像がまだまだです。どうもフランジバックが長すぎるようです。なんせ何十年前のレデューサレンズですから推奨値とかは有りません。

追記:高輝度部がのっぺりしていて爆発の迫力が無いためデジ現はやめて処理してみました。M1aaこの方が好みです。全体は。M1aaa朝方の木星、火星、金星の輝きは凄いです、感動してしばらく眺めていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月 6日 (金)

C14シュミカセ整備計画がなかなか進みません

光軸だそうとするもののシーイングが酷過ぎてよく判らない状態です。もっと良い状態で明るい星でやらないといけないと思いました。取りあえずテスト撮影のM1。M1星像が悪かったのでソフトビニングで誤魔化しました。それにしてもシュミカセの性格かフォーカスが直ぐずれてきていました。30分ともたないです。まあオフアキシスガイドでしか撮影できない程ミラーが動きますからやむをえないでしょうか。

追記:ミラー望遠で昼間の太陽。2015_11_062015_11_06_2こんな感じです。お手軽機材ですから継続観測もできそうですが、継続はしません。でも日食では動画で使用できるのでは。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2015年11月 1日 (日)

撮影に行けない夜

月も有るし晴れてくれないし。ということで自宅室内からお月様を撮影。ひどいシーイングで月面が揺れ揺れ状態ですがAvistackソフトを試すつもりで撮影。一枚一枚の画像はゆらゆらで見れた物ではありませんが同ソフトを使用するとそれなりに見られる画像になります。イメージとしては複数撮影画像から比較して良さそうな部分を分割して取り出し繋ぎ合わせる感じでしょうか。今の所、オートでデフォルト設定だけ使用していますが問題ないようです。ただし位置がずれているような時は(ポータブル赤道儀等を使用しない場合等)Ccdstackソフト等で事前に位置を揃えておくといいようです。大きくずれている時は失敗します。2015_10_3118_5月齢18.5の月。

追記:2015/11/02の月 月齢20.6

今回はお手軽では無くFSQ106EDにエクステンダーを付けて800mmで撮影しました。上の時より多少シイングは良かった。20_6_2条件が違いますので単純に比較はできませんがFSQの方が良さそうです(ウェブレットかけすぎかも)。又、FSQの方が拡大撮影も可能ですから、まあこちらの方が良いのでしょう。しかし手軽さと速報性を加味すると前者の800mmが圧勝です。なんせポータブル赤道儀で済みますから。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »