« フラットの件で苦労してます | トップページ | 残務整理のIC348辺り »

2015年11月21日 (土)

55FL+0.8xDGQの実質ファーストライトM45

M45プレアデス星団は鏡筒テストには欠かせないということで機材設営後最初に撮影しました。M45低空からの撮影ですのでカブリが酷かったです。端の星が赤くなるのを防止するため2X2ソフトビニングで処理しました。ISO1600/露光5分/10枚/D810A。

使用した観想ですがお手軽の癖に優秀です。今回はポータブル赤道儀ではありませんがポータブル赤道儀に変えれば年寄りでもフットワークよく遠征に出かけられます。腰に爆弾を抱える身としてこの軽量さは助かります。

追記:周辺の星の赤フリンジが気になりカットしてBの彩度を上げてみました。M45aこの方がスッキリしますね。

|

« フラットの件で苦労してます | トップページ | 残務整理のIC348辺り »

「趣味」カテゴリの記事

コメント

すご~いですね
星像も構図も画角も!!!いいですね
ほんとに欲しくなりました。でもカメラはもっと、欲しいです。
周辺で、やはりすっこし赤ハロがでてますが、気にならない程度ですね。
先週の日曜夜かぁ(・_・;)実家の法事から帰る道で晴れているのは気づきましたが、どうにもならない状態でした。今日も明日もダメですね☆

投稿: ひろG | 2015年11月21日 (土) 13時33分

ひろGさん良いでしょう。でもひろGさんはもっと良いツインシステムが有るじゃないですか。これ以上カメラが欲しいなんて罰が当たりますよ。
絶対いるかなと思ったのですが、抜けられない用事はどうしようもありませんね。こう安定しない天気では何時でも出動可能にしておかないと機会を逃しそうです。ダメと思っても奇跡的に回復も有り得ますので定期的にGPVをチェックしています。

投稿: エムティ | 2015年11月21日 (土) 13時57分

すばるのような青主体の天体だと、赤ハロは、ステライメージのLab色調補正で、Rだけ色抜いてもいいかもしれませんね。
青はもう少し彩度上げたいかなぁ・・

それにしても、分子雲、見事ですね。

投稿: uto | 2015年11月22日 (日) 05時56分

utoさん、私もSI7の周辺減光処理でRを指定して周辺のRだけ落としてやろうかとも思いました。青が強い方が好みですか、今回は周辺の事も有り彩度がアップできなかったですね。
明るい筒だと分子雲が写しやすいようですね。光害の無い所で明るい筒を使い長時間露光すればどんどん出てきそうです。こんなに分子雲が多いと処理途中に本当に合っているのと不安になります。M45の右下に大きな塊が有るなんて知りませんでした。思わずネットで諸先輩方の写真でチェックしちゃいました。

投稿: エムティ | 2015年11月22日 (日) 08時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/286946/62612630

この記事へのトラックバック一覧です: 55FL+0.8xDGQの実質ファーストライトM45:

« フラットの件で苦労してます | トップページ | 残務整理のIC348辺り »