« 遠征失敗しました。 | トップページ | FSQ鏡筒+0.6QEの状況 »

2015年12月10日 (木)

遠征失敗からのサルベージ画像

流れ星が時々流れていたので撮影していたらひょっとして大火球が写るかと撮影していた冬の銀河画像。キットレンズで端の星像が良くないのでF6に絞って撮影しました。A右下は名古屋方向の光害です。

次はカタリナ彗星探しで疲れた所に上がって来た癒しの月です。地球照が明るく綺麗でした。PhotoBORG  FL55(200mm)2秒露光。

ショックで疲れた私には優しさの有る月でした。




|

« 遠征失敗しました。 | トップページ | FSQ鏡筒+0.6QEの状況 »

「趣味」カテゴリの記事

コメント

冬の天の川がしっかり捉えられていて、透明度のよさがわかります。となると、トラブルがもったいないなと思わせる画像ですね。
でもしっかり月の写真で200mmを持ち込んでいるあたりさすがです。鏡筒へのこだわりを感じます。
PC、バッテリは2セットもっていきますが、ディープサイクルは持ってないので、普通の車用バッテリィを2台積んでます。

投稿: ひろG | 2015年12月11日 (金) 00時07分

透明度が最高というわけでもありません。バックのレベルが高かったですが安定していました。まあ当日の目標はFSQの整備とカタリナ彗星ですから、少しでも目標に近づければよしとします。この200mmは小型で軽量なため機材箱の隅に常時入れてます。この200mmを使用すれば自動導入が無くても試写を繰り返すことにより彗星が見つかると思ったのですが、事前におおよその位置を把握しておけば良かった(プラネタリウムソフトを頼りすぎました)。
やはり2セット体制ですか。筒もカメラも2セットですものね。2時間以上かけて遠出するのですから失敗したく無いですね。

投稿: エムティ | 2015年12月11日 (金) 08時06分

いえいえ、pcとバッテリーだけ、2セットです。赤道儀は、1台ですね。予備を持っていくと、荷運びだけで、疲れてしまいます(+_+)
ご存知の通り三脚代わりにポータブル噐は、持って行くことは、あります。
でも赤道儀2台体制魅力的ですね、1台でも、トラブってるから、今は、見送ってますが(..)

投稿: ひろG | 2015年12月11日 (金) 09時20分

赤道儀1台でアップアップですから2台体制なんてとんでもありません。毎回、完璧を目指すのですがうまく行きません。そう言えば赤道儀の異常動作はどうなりましたか。

投稿: エムティ | 2015年12月11日 (金) 13時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/286946/62906202

この記事へのトラックバック一覧です: 遠征失敗からのサルベージ画像:

« 遠征失敗しました。 | トップページ | FSQ鏡筒+0.6QEの状況 »