« 遠征の成果(その4) | トップページ | 昨日は久ぶりに長焦点日和になったのででかけました。 »

2016年1月19日 (火)

IC2118魔女の横顔完成

何回も処理をやり直していましたがこれを最後といたします。D810Aは低ノイズですので注意するのはいかに精度の高いフラット処理ができるかです。精度が高ければ淡い部分を自信を持って強調できます。後はどこに諧調を割り当てるか凄く悩みます。印刷するにしても最終は255階調に収めなければなりませんから悩む所です。私の基本方針としてはレベル調整とトーンカーブ調整に留めマスク処理とか個別のカラー処理をしないようにしています(これはあくまで原則で系外銀河等は他の処理も多用しないと迫力が出ません)。

FSQ106ED+0.6QE+D810A  ISO1600  5分露光 10枚重ねIc2118aa魔女の回りの淡い星雲も残してみました。フラットの怪しい周辺は多少カットしました。フラットが合っているかどうか不安一杯です。ここは違うんでは等、過去処理の経験のある方等意見受付中。ネットを徘徊して比較画像を探さなければです。

|

« 遠征の成果(その4) | トップページ | 昨日は久ぶりに長焦点日和になったのででかけました。 »

「趣味」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。

日の丸構図の銀河ですら背景ムラに悩まされている私ですので、こんなふうに全面に広がる淡い対象のフラットや画像処理の難しさは想像を絶します。ただただ凄いですね・・・(お役に立てるコメントでなくて申し訳ありません)

投稿: k | 2016年1月31日 (日) 11時10分

kさん こんにちは。
冷却CCDとは違う悩みがあります。冷却CCDは明るさに直線性があるため比較的フラットが決まりやすいですがデジカメは直線では無いようで空の状態で変化してしまいます。重ねる枚数が増えればそれだけ時間変化も大きく悩みも増えます。まだ魔女辺りの分子雲は明るいから良いのですが、淡い分子雲となるとまた1段ハードルが上がります。
でも長焦点でも光害の迷光で悩むのは同じような事ですね。フラットに自信が持てれば強い画像処理もできますしね。経験から感じたことですが、スカイフラットで同一露光時間のフラットが一番良いようです。ただこれをするには埃がご法度です。
kさんも実像なのかむらなのか凄く悩みながら処理しているのではと推測しています。過去にむらとして切捨てた部分が実像だったりして。

投稿: エムティ | 2016年1月31日 (日) 14時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/286946/63541656

この記事へのトラックバック一覧です: IC2118魔女の横顔完成:

« 遠征の成果(その4) | トップページ | 昨日は久ぶりに長焦点日和になったのででかけました。 »